★工具屋てっちゃんの工具ブログ!

工具は、使いやすさや機能を追求した芸術品!そんな大好きな工具のことから 日々の出来事や感じた事を書いてます!!

ピストル型のプライヤーってどうですか?

   

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

 

生活文化の違いから、物を握る時の握り方って国によっても違います。
例えば、箸を上手に使う日本人に対して、箸が上手に使えない外国人の方をよくみますよね。でもそんな外国人の方も自国の生活文化でナイフ、フォークを上手に使って料理を食べられます。
そんなところから分かるように日本人と欧米などの外国人とは文化の違いから、道具も握り方や使い方、考え方も違って、面白い工具もあれば、別にそれでなくても・・・みたいな工具もあって、それはそれで面白いです。

例えばこれ

19F9D9D4-85DC-4F59-9C1C-49F368308080

ラジオペンチのグリップがピストルの様に曲がっています。
普通はストレートですよね、でもこの様な形状のプライヤーを欧米のメーカーではよくみます。これの形状にはちゃんと理由があるんです。

例えば普通の形状のプライヤーを持つ時

E35FC356-C713-41E7-9A7C-B4D3D5A60541

腕を伸ばして使おうとする、こんな感じの持ち方になって手首を前に曲げてグリップを握ります。手元で使う場合はまた違う握り方をすると思いますが、腕をなばして使う時です。この状態だと、手首を曲げて使っているので、手首にちょっと負担がかかります。

ピストル型の場合

B3902338-A3D9-4656-9DAE-5EAA63C1DCAD

手首を曲げずに使用することができます。
その為、手首への負担もなく力もかけやすい、と言うことなんです。

言われてみればそうだな〜と思うんですが、日本ではこの形状のプライヤーがなかなか受け入れられずに、僕も最初は面白いな〜と思ってい在庫したことがあったのですが、最近は置いていません、価格的なこともあったかもしれませんが、どうなんでしょうね?ピストル型のプライヤー。

 

文化の違いからこの形状が受け入れられないのか?安かったらいいのか?
でも、プライヤーで有名なKNIPEXではこのピストル型のプライヤーのラインナップってないんですよね。どうなんでしょう?も少し状況を俯瞰してみてみようと思います。

 

The following two tabs change content below.
澤山 哲也
工具屋に生まれ小さい頃から工具に囲まれて育ち、父の会社を手伝ってる時にお客さんと接する楽しさ、工具を使う人の環境に興味を持つ、当時のモーターショーで見たsnap-onの工具の美しさと迫力に衝撃を受けて、こんなカッコイイ工具を販売したいとファクトリーギアのFC店として豊橋店をオープンし、現在は全国12店舗、海外3店舗で上質工具を販売するファクトリーギアの社員としてバイヤー部門・マーケティング部門の責任者を勤め豊橋店の店長も兼務しております

 - 工具で思うこと ,