★工具屋てっちゃんの工具ブログ!

工具は、使いやすさや機能を追求した芸術品!そんな大好きな工具のことから 日々の出来事や感じた事を書いてます!!

倍の力を掛けれる、半分の力で切断出来るニッパー

   

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

こんにちは!工具屋てっちゃんです。

今日はドイツの工具メーカーのニッパーを紹介します。
ドイツのメーカーのニッパーというとKNIPEXを思い浮かべる方も多いと思いますが、今日は「WIHA」のニッパーを紹介します。

55D938C5-3739-4B0F-9620-AFDF0E9124F8

まず、ドイツの強力型ニッパーはピアノ線が切断できるというのが特徴です。日本の強力ニッパーは、JISの強力ニッパーという規格に基づいているモノで、ピアノ線が切断できるニッパーでないとこが多いので気をつけないといけないところです。
そして、このWIHAのニッパーはピアノ線が3mmまで切断できる能力を持っています。

BA1B9459-AC84-4B8E-8363-E8E3D2A38F23

そして、最大の特徴がここです。
視点が2つあるというところです。
上の支点は刃に近く、切断能力が高くなっていますが、その下にも支点がありまして、パワーボタンとなっています。このパワーボタンを押す支点の機能をもち、上の支点にテコの原理でパワーを掛けることになり、切断能力が倍になります。なので今まで力が足らず切断できなかったワークを切断できるようになります。また、僕はここのことよりも、半分の力で切断出来る点に注目したいと思います、繰り返し作業が多い方は、楽にありますよね。
ただし、口の開きがちょっと小さくなるんですよね・・・

2EE5603C-8291-4E64-A41E-7467EC11473B

写真左は、パワーボタンを押さない通常の状態、これだと口も大きく開きますが、パワーボタンを押した右は口の開きが小さいですよね。
これは構造上どうしようもありません。。。
でも倍の力が発揮できるんですから、しょうがないと思います。

動画での紹介しましたのでよかったらご覧ください

そんなWIHAのBi-cutニッパーですが、グリップが2種類あります。

 

3206F465-8455-4988-A054-022D8C216AFF

2種類の材質を使ったコンフォートタイプと、ビニールのクラシックグリップです。
腰袋に入れたりする方はグリップが細身のクラシックグリップがいいかもしれませんね。

現在クラシックグリップは在庫のあるお店とないお店があるかもしれませんが、お近くのファクトリーギアにお問い合わせください。
通販でも現在はコンフォートタイプのみ掲載しています。でも、お問い合わせいただければ少しお時間がかかる場合がありますが、取り寄せは可能ですので、お問い合わせ下さい。

 

 

The following two tabs change content below.
澤山 哲也
工具屋に生まれ小さい頃から工具に囲まれて育ち、父の会社を手伝ってる時にお客さんと接する楽しさ、工具を使う人の環境に興味を持つ、当時のモーターショーで見たsnap-onの工具の美しさと迫力に衝撃を受けて、こんなカッコイイ工具を販売したいとファクトリーギアのFC店として豊橋店をオープンし、現在は全国12店舗、海外3店舗で上質工具を販売するファクトリーギアの社員としてバイヤー部門・マーケティング部門の責任者を勤め豊橋店の店長も兼務しております

 - プライヤー , ,