★工具屋てっちゃんの工具ブログ!

工具は、使いやすさや機能を追求した芸術品!そんな大好きな工具のことから 日々の出来事や感じた事を書いてます!!

小さい手にピッタリ!細かい作業にピッタリ!の軍手

   

Pocket
LINEで送る

 

こんにちは、工具屋てっちゃんです。

女性など小さな手で大きな軍手をはめているのは、それはそれでかわいいのですが、本人からするとぶかぶかで作業がし難くてこまりますよね。

あっ、ことろで軍手の名前の由来ってご存知ですか?
名前の通り、戦時中に軍人さんが使う手袋として開発されたんです、左右どちらにもはめる事が出来るというのが最大の特徴で、片方が痛んだら、片方だけを交換すればいいという、合理的な手袋だったんです。

それが戦後は工場や現場で作業する方の手を守る手袋として現在も多くの方に使われています。

ひとえに軍手と言ってもいろいろありまして、純綿のものやポリエステルのものそれぞれ特徴がありますが、今日紹介するのはポリエステルタイプ

IMG_9418

冒頭、にも書きましたが、軍手って基本男性サイズで、小さいタイプってあまり無いのです、手が小さい女性はぶかぶかの軍手を使って作業がしにくい。

僕の手と、こっちゃんの手では、大きさも随分違います。。。

IMG_9402

でもね、今日紹介する軍手は、フリーサイズなのにフィット感抜群で、こんなに手の大きさが違ってもはめる事が出来ます。

伸縮する糸を使っているので、大きな手でも伸びてはめる事が出来るんですよ。

IMG_9412

 

また、男性でもごわごわの軍手だと細かい部品を指先でもったりといった作業がし難いですよね。
この軍手は指先までフィット感抜群なので、細かい部品を指先て摘んだりも出来るので、パーツの組み付け作業など細々した作業をされる方にもピッタリです。

 

IMG_9426

 

材質もポリエステルなので、純綿とちがって糸くずが出ないので、細かい作業にホントいいですね。

でも、弱点もあります。
ポリエステルは熱に弱いです、だから、例えばバーベキューなど火を使うところには向きません、そういう火を使う様なところでは「純綿」の軍手をお勧めします。ポリエステルよりも燃えにくく熱に強いのです。
でも耐熱ではないですからね、ポリエステルよりも熱に強いってことです。

たかが軍手されど軍手、いろいろありますので、作業に合わせて選ぶといいですよ。

The following two tabs change content below.
澤山 哲也
工具屋に生まれ小さい頃から工具に囲まれて育ち、父の会社を手伝ってる時にお客さんと接する楽しさ、工具を使う人の環境に興味を持つ、当時のモーターショーで見たsnap-onの工具の美しさと迫力に衝撃を受けて、こんなカッコイイ工具を販売したいとファクトリーギアのFC店として豊橋店をオープンし、現在は全国13店舗、海外3店舗で上質工具を販売するファクトリーギアの社員として豊橋店店長兼中部・東関東エリアのエリアマネージャーを勤めています

 - HOW TO, その他の工具 ,