★工具屋てっちゃんの工具ブログ!

工具は、使いやすさや機能を追求した芸術品!そんな大好きな工具のことから 日々の出来事や感じた事を書いてます!!

「工具の日フォトコンテスト」やります!!

      2017/03/22

Pocket
LINEで送る

 

こんにちは、工具屋てっちゃんです。

ちょっと先ですが、5月9日って何の日かご存知ですか?
ファクトリーギアで勝手に決めた「工具の日」です。
5・9・・・ごう・きゅう・・・ごう・く・・・こうぐ・・・って感じの語呂合わせです!

 

そんな工具屋にピッタリなこの日に合わせてフォトコンテストを開催します。
実は、今回で3回目となります「工具の日フォトコンテスト

僕たちは使い捨てではない上質工具を扱っています、工具を長く大事に使えば、その工具にはその人にしか分からない、思い出やストーリーが必ず出来ます。
それは、その人にとっては普通の事かもしれないけど、工具を愛する人や僕達工具屋にとっては、とっても素敵なお話なんです。

そんな素敵な思い出やストーリーをその工具と一緒に教えて欲しいな!
って言うのが目的です。

例えば1回目の作品・・・
Noppon Pisutharnonさん

工具の日Tool-Last-Generations-2_2

タイから応募して頂いた作品です。

【コメント】

My family use to run a steel factory.  Therefore  I grew up with tool around me.  Since high school, every summer my dad gave me an assignment to make things such as handcraft knife, metal ship model, or even a swing to put in our garden; this is how I learn using tool.  We share the same set of tool for at least thirty years.  My skill grow as well as a number of tool in our collection. This number ten wrench is probably the one I use the most.  Recently, my seven years old son also join the club to share this set of tool.  Good tool last generations.

訳しますと・・・

私の家は、鉄の加工業を営んでいます。
そんな家の職業柄もあり、これまでの人生において工具は常に私の傍にあるものでした。
工具とともに育ったと言っても過言ではありません。

あれは、私が高校生になった頃。

その頃から父は、毎年夏になると、私に「ハンドメイドの製作物」を宿題として与えました。

それはナイフであったり、船の模型であったり、庭の花壇に使う装飾具であったりと実に様々なものでした。
その様々な物を作っていく過程で私は工具の使い方を着々と身につけていきました。

そんなやり取りを繰り返しながら私達親子は、なんともう30年も同じ工具セットを共有して、一緒に使ってきたのです。

そのコレクションが増えていくにつれて、自身の経験と技能を育んでくれた思い入れの深い工具達となっていきました。

投稿した写真のレンチは、私達親子が最も愛用した、思い入れのある10mmのレンチです。

最近では7歳になる私の息子が仲間に加わり、このレンチと工具のコレクションは父子3代に渡って共有される事となりました。

父と私を繋いでくれたこの工具達が、私の子供の先の代まで受け継がれていきますように。

素敵じゃないですか〜!

 

それと、もう一つ
nyaoko0222さん
工具の日IMG_2546

【コメント】主人の父から受け継いだ50年以上前の金づち。ずしりと重く、歴史を感じます。

それを我が息子が使う姿を見るのはとても感慨深い思いがしました

 

素敵過ぎるでしょ〜。
他にも沢山の作品の応募がありました。
本当にその人の想いが伝わって来ます、こうやって愛される工具、僕たちはただ工具を売っているのではありません、こんな素敵な想い出やストーリーが工具と共にその人に出来たらな〜って、いつもそんな想いです。

なので、あなたのそんな素敵な想い出と一緒にその工具の写真を是非、「工具の日フォトコンテスト」に応募して下さい!

でも、以下の2つお願いがあります。
★写真には工具と身体の一部が写っている事
(指でも身体でもとにかく工具だけの写真ではなく身体の一部が写っていること)

★その工具にまつわる思い出やストーリーを教えて下さい
(写真と一緒に紹介したいので200文字以内で教えて下さい。)

 

☆☆ 応募方法 ☆☆

下記のメールアドレスに、
件名を「工具の日写真応募」として、写真を添付の上お送りください。

59day@f-gear.co.jp

※ おひとり様何枚でもOKです。

 

メール本文に、お名前(本名、ニックネーム、仮名も可)メッセージを200文字以内にまとめてお送りください。これは必ずお願いしますね。
【SNSへの応募もOK!】
ご自身のInstagram Facebook Twitter google+にハッシュタグ【#FgToolsPhoto2017】を付けて投稿頂いても結構です。

 

応募締切 2017年5月9日(工具の日)

入賞作品発表は5月中旬に、ファクトリーギアWEBサイトにてお知らせします。

※尚、ご応募いただいた作品は全てファクトリーギアにて利用させていただくことにご同意をいただいたこととさせていただきます。ご応募後はファクトリーギア関連のWEBサイト、雑誌などで利用させていただくことをご了承ください。

詳しくはこちらのページへ

 

僕も応募しようっかな〜。

僕がお店を始めた時、入り口の取手に使っていたsnap-onの超ロングメガネレンチ。 当時(今でもそうですが)snap-onはみんなの憧れの工具でした、気軽に触って買えるところなんてそうそうなかった、店頭でも「触っていいですか?」なんて言われたり・・・。 でも僕のお店に入るには、そのsnap-onの工具を触らないと入れない。 だから、工具を気軽に触って選んでね!そんなお店をアピールしたかったのです。 当時のお店から10数年前に移転して今では裏口の取手に使っています。 開業した時の気持ちを忘れない様にって、毎日触ってます! いい感じにサビも出ていますが、僕にとっては大事な思い出の工具です。 ちょっと変わった工具の使い方ですが・・・。 #FgToolsPhoto2017 #ファクトリーギア #工具の日 #snapon #工具 #工具の日フォトコンテスト #スナップオン #tools

Tetsuya Sawayamaさん(@t_sawayama)がシェアした投稿 –

あなたの素敵な思い出と写真をお待ちしております!

 

The following two tabs change content below.
澤山 哲也
工具屋に生まれ小さい頃から工具に囲まれて育ち、父の会社を手伝ってる時にお客さんと接する楽しさ、工具を使う人の環境に興味を持つ、当時のモーターショーで見たsnap-onの工具の美しさと迫力に衝撃を受けて、こんなカッコイイ工具を販売したいとファクトリーギアのFC店として豊橋店をオープンし、現在は全国13店舗、海外3店舗で上質工具を販売するファクトリーギアの社員として豊橋店店長兼中部・東関東エリアのエリアマネージャーを勤めています

 - イベント・店舗紹介, キャンペーン, 工具で思うこと , ,