★工具屋てっちゃんの工具ブログ!

工具は、使いやすさや機能を追求した芸術品!そんな大好きな工具のことから 日々の出来事や感じた事を書いてます!!

ゆるゆるになった首振りラチェットメガネの直し方

   

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

 

こんにちは、工具屋てっちゃんことファクトリーギアの澤山です。

お店でも人気の首振りタイプのラチェットメガネ、

img_5220

でも長く使っていると、最初の頃の張りが無くなるというか、首がクタクタになってきます。
ネジを締めれば強くなるかと思い、締めますが、締めても締まりません・・・。
実は、バラして中のワッシャーを曲げてテンションをかけるんです。

でも、全てのフレックスラチェットメガネが出来るのではありません、ネジ式などで外せるタイプとなります。

img_5211

 

例えば、上の写真の様にネジで止まっていても、緩んで来ない様にカシメてあるタイプや、ピンを圧入してあるタイプは、バラせませんので直し様がありません。

これは、これで理由があって、ネジが緩んで来ない様にする為なんです。

 

img_5200

でも、DEENはネジ式で外せますし、万が一ネジが無くなってもパーツで供給がありますので、安心です!

直し方の動画を撮りましたのでよかったらご覧下さい。

 

いかがでしょうか?
フレックスタイプの工具はこの様に可動部にバネワッシャーなどを入れてテンションをかけているケースが多いので、ゆるくなったからすぐにネジを締めるのではなく、一度バラして、ワッシャーのテンションをかけてあげるといいと思います。

でも、注意して下さい!
バラす時になかのワッシャーがどこかに飛んで行って無くすケースがあります。
僕もありました・・・。
なので広いところでやるか、ビニール袋の中で外すとか、ワッシャーが無くならない様に気を付けて下さいね。
首振りタイプのラチェットメガネ・・・
ネジが無くなる心配をして、ネジがカシメてあるのがいいのか?
この様に首振りの部分の調整が出来るDEENの様なタイプがいいか?
それはあなたの考え方次第です。

The following two tabs change content below.
澤山 哲也
工具屋に生まれ小さい頃から工具に囲まれて育ち、父の会社を手伝ってる時にお客さんと接する楽しさ、工具を使う人の環境に興味を持つ、当時のモーターショーで見たsnap-onの工具の美しさと迫力に衝撃を受けて、こんなカッコイイ工具を販売したいとファクトリーギアのFC店として豊橋店をオープンし、現在は全国12店舗、海外3店舗で上質工具を販売するファクトリーギアの社員としてバイヤー部門・マーケティング部門の責任者を勤め豊橋店の店長も兼務しております

 - HOW TO , , , ,