ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

2020.6.23

法人導入事例#02(大手自動車ディーラー様)

POSTED BY

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

ファクトリーギアの法人様への導入事例をインタビュー風に紹介していきます。

今回は、ファクトリー株式会社 なんば店の山田がお答えします!

どんな事例でしたか

大手自動車ディーラーさんへ電動のインパクトレンチの導入をさせていただきました。全拠点分への導入となりました。

きっかけはなんでしたか

東京オートサロンに弊社が出展していた際に弊社を知っていただきました。

その後先方の新入社員様用工具セットを導入させて頂いておりました。

ある日、ご担当の方から電動インパクトレンチを導入したいというお話をいただきました。

最近では作業効率の観点からエアーツールより電動ツールが主流になってきており、導入を検討したいということでした。

課題はなんでしたか

・様々なメーカーからラインナップされている中、先方のご要望にお答えできる製品をご提案することでした。最終的には3機種をお貸し出しし実際に使用していただき決めていただきました。


・全拠点分、約60台を納品希望日までに集めることです。メーカーさん、商社さんの全面協力によりにクリアできました。

何を導入していただきましたか

PANASONIC 電動インパクトレンチEZ7552 62台

なぜ導入していただけたのですか

理由は主に3つだったようです。


1、前述したとおり、作業の効率アップを図ること


2、従来使用していたエアツールと同等のパワーがでること


3、セレクトショップが故にいくつかの機種から最も最適な機種を選択できたこと


が主な理由でした。

導入後のメリットは何ですか

大きく分けると3つのメリットがあったようです。


1、従来使用しているエアツールだと、エアホースの接続が必要となります。そうなると作業場所が限られてしまったり、エアホースの取り回しが枷になります。電動工具ですとバッテリーさえあればどこでも使用可能でホースの取り回しも樹にすることがないので、作業の効率がアップしたようです。


2、上記のように効率アップに繋がったため、今まで納入させていただいていた新入社員様用工具セットの入り組みにも導入しさらなる作業の効率アップに繋がりました。


3、納品後のフォローの為PANASONIC様と動向訪問させていただいた際に、他製品のご案内をさせて頂いたところさらなる作業効率アップにつながる製品があったため導入させていただきました。エアツールの代わりになりうる様々な電動ツールを知っていただくきっかけになりました。


でした。

今回のインタビューは以上です。また次回の更新をお楽しみに!

この記事を書いたスタッフ

RoundPhoto_20180522_121526

 

 

山田 義貴(やまだ よしたか)

所属:なんば店店長、ワークウェア担当

経歴:2008年ファクトリーギア入社。柏店→博多店→横浜246店→なんば店

好きな工具ブランド:スタビレー、ハゼット

趣味:バイク乗ります!(ハーレーダビットソンXR1200)海外サッカー好きです!

RELATEDPOSTS関連記事