ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

店舗ブログ 2018.5.15

ハーレーいじるならスパナは固くて精度があるものを選ぼう!

POSTED BY USUI

LINEで送る
Pocket

4月からクラシックハーレー(1978年式ショベル)でレースを始めたusuiです。

練習走行2回でレース参戦は少々無謀かと思いましたが、楽しかったですよ~

#76がusui、#77がJOYRIDE西田さん。

JOYRIDE RACINGより全4戦エントリーです。

1523461881515

ビビリモード全開で決勝を走って転ぶ事無く、5位で無事完走。

1523279938548

レース中に失火の症状が出たので、帰って来てから疑わしいパーツを交換していきます。

火花が飛ばないって事は点火コイルかなと言う事で部品交換してみましょう。

赤い配線が繋がっている黒い箱が点火コイル。

P_20180201_130648

 

配線を抜いて、

DSC_0097

DSC_0097

ブラケットごと外して~、ブラケットから点火コイルを外して~.....外れない(-_-;)

メガネレンチ入らない。

1523461917172

 

工具を入れるスペース無いじゃん(T_T)

こんな時はスパナで何とかするしかありません。

1523461919862

やっちゃいけない斜め掛け....

ハーレーあるある「本締め出来るくらい精度が高くて硬いスパナを使うべし!」

個人的な感想ですがneprosは、やっぱり凄い!

力に負けてスパナが開く感じが全く無い。流石Made in Japan

 

もう1つ見つけたメガネが入らない場所

P_20180201_155343_LL

 

本当にありえな~い。

結果としてはneprosのスパナを駆使してパーツ交換完了し失火の症状は改善されました。

次回の走行が楽しみです。

RELATEDPOSTS関連記事