★工具屋てっちゃんの工具ブログ!

工具は、使いやすさや機能を追求した芸術品!そんな大好きな工具のことから 日々の出来事や感じた事を書いてます!!

密かに復活していた・・・その2

   

Pocket
LINEで送る

昨日に引き続き、snap-onの「密かに復活していた・・・」その2です。

こんにちは工具屋てっちゃんです。
昨日紹介したsnap-onのダブルボックスレンチの10X12が密かに復活していた!に続き、もう一つ人気だったあの工具が復活していたので紹介します。

img_7733

これです!
人気のスイベルヘッドラチェットのメタルハンドル!
これも廃盤になったのは14〜5年前じゃなかったかな〜?
当時は、このメタルハンドルタイプと樹脂グリップの2タイプだったのですが、ソフトグリップタイプの登場でメタルハンドルタイプと樹脂グリップタイプが廃盤となってしまい、新登場したソフトグリップタイプ1本になってしまっていました。

でも、この度、知らない間に写真の3/8SQと1/4SQのメタルグリップタイプが復活していたのです!
このグリップには好き嫌いがあって、ソフトグリップタイプの方の握り心地が好きな人もいれば、掃除がし易いからと、このメタルグリップタイプが好きな人もいらっしゃいます。
そんなことから、オイル汚れがひどい現場などには掃除がし易いメタルハンドルタイプがいいですね。

img_7728re

でも、ご覧の様に、同じスイベルヘッドラチェットですが、ソフトグリップタイプの方が、そのグリップ分だけちょっと長いんです、だからか?メタルグリップタイプの存在を知らない人も多いからか?お店では今のところソフトグリップタイプの方がよく売れています。

これ、3/8SQのラチェットだけでなく1/4SQのスイベルヘッドラチェットもメタルグリップタイプの方がちょっと短いです。

img_7729

でも、僕は個人的には1/4SQは短くてもいいんじゃないかな〜?って思います。
1/4SQだとソフトグリップがちょっと大きい気がしていたので、メタルグリップはスッキリしていて、また大きさのバランスもこっちの方がいい様な気がします。

img_7734

まあ、これも好き好きですから、どちらでも好きな方を使えばいいんですけどね。

しかし、このメタルグリップが復活したことにより、数年前に復活した樹脂グリップタイプとあわせて。スイベルヘッドラチェットは、現在3タイプから選ぶ事が出来ます。

img_6687

3タイプ共に長さが微妙に違いますが、握り心地優先でお好きなタイプをお選び下さい!

あっ、値段はそれぞれ違いますよ。なぜか?樹脂グリップタイプが一番高いです。。。
グリップ代なのでしょうか?
でも、日本の工具メーカーでは逆なんだけどな〜。

The following two tabs change content below.
澤山 哲也
工具屋に生まれ小さい頃から工具に囲まれて育ち、父の会社を手伝ってる時にお客さんと接する楽しさ、工具を使う人の環境に興味を持つ、当時のモーターショーで見たsnap-onの工具の美しさと迫力に衝撃を受けて、こんなカッコイイ工具を販売したいとファクトリーギアのFC店として豊橋店をオープンし、現在は全国13店舗、海外3店舗で上質工具を販売するファクトリーギアの社員として豊橋店店長兼中部・東関東エリアのエリアマネージャーを勤めています

 - ハンドツール, ラチェット , , , , ,