ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

HOW TO 2018.6.4

ブルーバード再生計画#7 塗装

POSTED BY Factory Gear

LINEで送る
Pocket

本日はエンジンルームの塗装を行います!

メンバーは高野倉社長、あゆ姐さん(横浜店)、花房くん(横浜店)そしてガレージボンバー古賀さんです!

この日は1月後半・・寒い・・

寒いので皆で防寒して作業スタート!

 

S__67199000

色んなカラー案が出ましたが、今回は黒に落ち着きました。

 

見にくい・・・ですが、まずはマスキング。

今回は楽チン・早い・皮膜を厚く(サビ防止も兼ねて)をチョイスして、油性外壁用ペンキを採用。(ガンで吹くとなるとマスキングが大変)

まずは、ハケで下塗りの1回目。寒くてなかなか乾かないので、お昼休憩(腹が減っては・・・・)
73825

お昼から戻ると、下塗りが良い感じに半乾き状態。(この半乾き状態が重要→横浜246店あゆ姐さん曰く)

では本塗りスタート!

取り出したるは・・・・なんと粗い目のスポンジ(今回はローラーのスポンジ部分のみ使用)

ハケで塗料を多めにのせて、スポンジでポンポン!!!

 

73824

 

73833

少し見にくいですが、左半分が1回目。右半分はスポンジポンポン作業後。

この半艶感。そしてこの質感。狙いはパッと見チッピング塗装。

 

73830

全て作業が終わるとこんな感じに仕上がりました。

S__67190807

チッピング塗装をやろうと思うと、配線を外し、完璧なマスキング。

そこを省いて作業できるこのポンポン作戦で、半日でこの出来栄え。

あゆ姐さんの車でもこの方法を採用しているらしいです。微妙なスポンジのメで出来た凹凸。微妙な半艶感。

サビで凸凹のEGルームも、オイルで多少汚れてきても目立たない。→あゆ姐さんの説明

さてEGルームのお化粧も終わり・・・お次は????

RELATEDPOSTS関連記事