ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

2021.3.4

両手が自由に使えるLEDライト!

POSTED BY

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

こんにちは。なんば店のジャンプマンです!


今回は手ぶらで使えるライトをご紹介します!

目次
やっぱり両手で作業したい
クリップ付きです!

やっぱり両手で作業したい


春が近づくとはいえ、まだ夜の時間が長いこの季節で薄暗くなってくると「ライト」を使う機会がでてきます。もちろん照明自体が届きにくい狭い場所の機械を触るときなども必須ですよね。


お店でも定番品を中心にLEDライトは整備士さんやメンテナンス業のお客様を中心に人気のツールですが、「ライトを着けながら作業するのは不便だ」と感じられている方も常にいらっしゃいます。


当然ながら片方の手でライトを持っていたら部品や工具を支えたい時にアシストできませんよね。


ペン型ライトを器用に加えたり挟んだりしながら使われている方も多いですが、やはり快適な作業とは言いづらいと思います。


手で持たずに照らすライトとしてはヘッドライト類が一般的ですが、ヘッドライトの締め付け感や重量が気になるというお声もありました。

クリップ付きです!


そこでご紹介するのが「マイクロクリップLEDライト」です!

マイクロクリップLEDライト PY11


ファクトリーギア販売価格 979円(税込)

※予告なく価格等が変更される場合がございます。


手のひらに乗るサイズのLEDライト本体に、クリップが取り付けてあります。


このクリップによって、例えば帽子のツバに固定したり、


メガネのツルに固定が簡単にできて、手がふさがることなく作業に臨めます。


製品本体も10グラム少しなので重さはほとんど気にならないです。


個人的にはメガネに取り付けると重量バランスの方が気になるので左右に2個装着もありかと思います。


またライト部分のクリップはユニバーサルジョイントになっているのである程度の範囲で向きを変えて固定もできます。


使い方によっては帽子などではなく作業環境に近い場所のワークスペースに挟んで照らすこともできます。(おおよそですが8mm厚未満の物であればクリップで挟めました)


電池は「L736F」という規格のボタン電池を使用しています。
調べてみると「LR41」という規格のボタン電池と互換性がありますので電池切れのときはいずれかのボタン電池があれば交換できます。


照射距離はおよそ5メートルと強力なヘッドライトには負けますが、気軽にすぐ使える特性がおすすめポイントなので、一つ二つ用意してあるとより作業が便利ですよ!

まとめ


・暗い場所での作業にライトを使いたくても片手がふさがって効率が悪いときはクリップ付きライトも有効です。
・本体のクリップをキャップやメガネに取り付けることで両手を作業に使えます。
・ボタン電池(L736FかLR41)を4個使用しています。

RELATEDPOSTS関連記事