ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

2020.12.25

【新商品】WERA ギターメンテナンスツールセット

POSTED BY あんどう

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

こんにちは!
ファクトリーギア 通信販売部のあんどうです!
工具メーカーが大々的に発売するには珍しいかな?という工具セットが
WERAから発売されました。

WERA ギターメンテナンスツールセット

持ち運びにも便利な専用ナイロンポーチに収納されています!

WERA ギターメンテナンスセットではこんなことができます!

  1. 弦交換
  2. ネック調整
  3. 弦高調整&オクターブ調整
  4. ポット・ジャック固定ナットの増し締め
  5. PUの高さ調整・ピックガード・バックパネル

日常メンテナンスからショップにお願いしたい内容までできる工具が揃っています!
それではひとつずつ見ていきましょう。

1.弦交換

早いサイクルで交換する方は2週間に1回ぐらい出番があるかも?
(私はよほど滑りが悪くならないと替えない方です・・)
ドイツの工具メーカーがストリングワインダー(通称:アルトベンリ)を作ってしまいました!
ビットドライバーとストリングワインダービットを組み合わせて使います。
一般的なギター用ペグならフィットするようになっています。

ストリングワインダーでペグポストに弦を巻いたら余った弦をカットします。
ニッパーはKNIPEXのものが入っています!
ギターだけでなく、エレキベースのE弦、Low-B弦も難なくカットできます。

2.ネック調整

四季がある日本では気温や湿度の変化が楽器の状態に大きく影響します。
長年弾かれているギターなどネックが動かないものもありますが、
「なんとなく弾きにくくなったな」という時にネックの反りの状態をチェックしてみましょう。
ポジションごとに弦高をチェックできるようにフィラーゲージが入っています。

ネックの状態がわかったら弦を緩めて六角レンチでトラスロッドを少しずつ回して調整します。
ネックを外して調整するタイプのギターの場合でもプラスビットが付属しているので安心です!

3.弦高調整&オクターブ調整

ゲージの異なる弦に交換した場合に必ずやっておきたい調整ですね。
オクターブチューニングをするときにテイルピースを避けてサドルにアクセスできるように長めのマイナスビットが入っています。
ドライバーのグリップが太いとグリップがボディに当たってしまい、サドルのネジに斜めにかかってしまいがちです。
付属のビットドライバーは比較的細身にできているため、最適な角度でサドルのネジにアクセスできます。

弦高調整にはイモネジが使われていることが多いですね。
ギター・ベースのパーツではミリ規格・インチ規格が混在していることがあります。
「回しても弦高が変わらない・・と思ったらサイズが微妙に違う六角レンチで完全にナメてしまった!」なんて苦い思い出はないでしょうか?(私はあります)

WERAのギターメンテナンスツールセットはミリ規格・インチ規格両方が入っているので安心です!

と、ここまで書いてブリッジ周りの写真が無いのですが、
撮影用に持ってきたGIBSONのSG SPECIALは指で回すタイプでした・・
なぜSGを持ってきたかというと、下の写真を見てもらいたかったのです。

レスポールモデルやSGなどに使われているチューンオーマチックの
テイルピースの高さ調整用のスタッドにピッタリなマイナスビットです。
なかなかこのサイズのマイナスドライバーを持っている人はいないのではないでしょうか?
細めのマイナスドライバーで回してスタッドのマイナス溝をガタガタにしてしまう心配がありません。
ギターはネジも美観に関わるので大事にしたいですね!

4.ポット・ジャックの固定ナット増し締め

「ボディが鳴る=振動する」を繰り返すとパーツの緩みにつながります。
特にジャックのナットは緩んだ、無くしたという経験がある方も多いかと思います。
(指で締めてもすぐにまた緩むんですよね・・💦)
こればかりは避けられない部分なのでちゃんと工具を使いましょう!
モンキーレンチやプライヤーで回そうとすると誤ってボディに傷をつけてしまう心配がありますがソケットなら安心ですね。
ここでもミリ規格ではなく1/2インチが登場しています。

また、ナットを回したつもりがジャックごと回してしまっていないか気をつけなければなりません。
誤ってジャックごと回してしまうと内部の配線をねじ切ってしまう恐れがあります。
シールドのプラグと同サイズのシャフトをジャックに差し込んだ上からソケットを入れることで、
手締めである程度の締め込みを行い、仕上げにドライバーハンドルで締め込むことができます。

ストラトの船形ジャックに便利そうです!

5.PUの高さ調整・ピックガード・バックパネル

ピックアップの高さ、ピックアップのポールピースの高さ調整も
ギターメンテナンスセットのドライバービットがあればOKです!
ピックガードやバックパネルは電気系のパーツを交換する際や電池ボックスのない
アクティブギター・ベースの電池交換など外す機会が多いかと思います。
付け外しが多いネジこそ精度のいい工具を使えばパーツが長持ちします!

ギターメンテナンスセットのL型六角レンチ、ドライバービットはステンレス製です。
他の用途で使う工具と分けてギター専用の工具セットとして使うことで、工具からパーツに錆びを移しにくくなります。

ドイツの工具メーカーが本気で考えた、こだわり満載のギターメンテナンス用工具セットはいかがでしょうか?

セット内容詳細

  • WERA 1/4″ビットドライバー 119mm
  • WERA 1/4″ステンレスマイナスビット1.8x12x41 mm
  • WERA 1/4″ステンレスHEXビット0.05″x25 mm
  • WERA 1/4″ステンレスプラスビットPH 1×89 mm
  • WERA 1/4″ステンレスプラスビットPH 2×89 mm
  • WERA 1/4″ステンレスマイナスビット0.6×3.5×89 mm
  • WERA 1/4″ステンレスマイナスビット1.2x8x89 mm
  • WERA ステンレスL型HEXレンチ 1.5, 2, 2.5, 3, 4, 5mm
  • WERA ステンレスL型HEXレンチ 1/8, 5/32, 3/16 inch
  • WERA 1/4″ 1/4sqビット
  • WERA 1/4sqスタンダードソケット 10mm, 7/16inch
  • WERA 1/4sqディープソケット 1/2inch
  • WERA 1/4″ストリングワインダービット
  • WERA インプットジャッカー
  • WERA フィラーゲージ
  • WERA オリジナルピック 2枚
  • WERA オリジナルピックケース
  • KNIPEX ニッパー 140mm
  • WERA オリジナルナイロンケース

RELATEDPOSTS関連記事