ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

店舗ブログ 2019.1.21

マフラー接合部のスプリング外すのにお勧めというか、無いと作業面倒です。

POSTED BY usui

LINEで送る
Pocket

サーキット仕様へと仕様変更作業をしているハーレーXL1200S。
今回はマフラーの交換作業。
現状装着しているのはチタンマフラーです。軽量で良い音するので気に入っているのですが、バンク角がちょっと浅いのがマイナスポイント。
バンク角が稼げる定番のスーパートラップ製へ交換です。
こちらがチタンマフラー、マフラーの接続部に抜けない様にスプリングが使用されています。DSC_1235

このスプリングを外す作業時にあると便利なのが
テンションスプリングフック ¥650(税別) SE-2002
SE-2002

こんな風に引掛けてあげると簡単にスプリングを外せます。

DSC_1237

傷を付けずに綺麗に簡単に外せますよ。
DSC_1238

交換したスーパートラップ製マフラーはこちら。フロントバンク側の取回しがエンジンに沿う形になっているので、バンクしても地面に擦れ難くなりました、。
後はオイルキャッチタンク装着、アンダーパネル装着、ワイヤリング、ゼッケン貼り付けて走行できそうです。
DSC_1273

この記事を書いたスタッフ

usui顔写真

 

 

臼井 誠(うすい まこと)

所属:東京ウエスト店

経歴:2000年ころ中途採用、現在に至る。

好きな工具ブランド:NEPROS

Instagram:https://www.instagram.com/usuimakoto/

RELATEDPOSTS関連記事