ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

イチオシ 2017.2.3

理想の15ミリのコンビを探せ!

POSTED BY いえむ~

LINEで送る
Pocket

こんにちは。上野動物園の年パスを持っているいえむ~です。
IMG_20170131_151345
先日推しのコビトカバ「エボニーくん」のドアップの写真が撮れて大満足です。(ちなみにエボニーくんは僕より年上だそうです)
コビトカバについては話すと止まらないのでこのへんで止めておきます。

 

 

さて本日紹介するのは、お客様が「自転車整備には理想のコンビかもね。」と紹介して下さったこのコンビネーションレンチ。
IMG_20170203_195458
STAHLWILLE(スタビレー)の13シリーズ、15mmです。
15mmというサイズは自動車やバイクではめったに出てこないので、なんで?と思われる方もいるかも知れないですが、
実は自転車では定番のサイズなんです。
ペダルを固定するボルトや、シティサイクル(いわゆるママチャリ)・トラックレーサー(ピストバイク)のホイールを固定するナットに使われています。
フリーハブ(ホイールを空転させる部品)のナットにも物によっては15mmの物があります。
Logo STW- Pfade
では、なぜこのスタビレーのコンビが「理想」なのか?
ドイツ製でザラザラの梨地フィニッシュがカッコイイ・・・そんな理由だけでは決してありません。
このコンビは自転車用工具として売り出されているわけではありませんが、
偶然なのか?実は意図されていたのか?自転車整備に気持ちいい位フィットするポイントを紹介していきます。

①短い!

この「13シリーズ」は通常ラインナップより少し短い、いわゆる「ショートコンビ」。全長170mmとピッタリ手に収まる大きさです。
15mmのメガネ部はホイールの固定ナットに使用しますが、このネジはそこまで強いトルクを要求するものではありません。
これはロードバイクやマウンテンバイクなどに使われているクイックリリース機構の短いレバーを見てもわかりますね。
IMG_20170203_194050
なので工具が長すぎないことで、トルクがかかりすぎてネジを舐めてしまったり、ネジ山を傷めてしまい逆に固定する力が弱くなってしまう心配がなくなります。
後は好みの問題かもしれませんが、長さが邪魔になることもなく、軽いため取り回しが利きスマートにスピーディに作業できる・・・気がします(笑)
またホイールやペダルは自転車を電車や車で運ぶ際外すことが多いので、工具もコンパクトだと持ち歩き用には嬉しいですよね。
鉄の板を切った様な小さい携帯用のペダルレンチよりもしっかりとトルクを掛けることができ、なおかつトルクを掛けすぎない。まさにジャストサイズなんです。

②スパナ部の無限の可能性

無限と言うと大げさかもしれませんが、この「13シリーズ」、スパナ部も100%有効活用してしまいましょう。
IMG_20170203_194312
まず、このシリーズは前述でもペダルの話をしているのでわかったかもしれませんが、
厚さ5.3mmとスパナ部が若干薄く作られているためペダルのボルトにもバッチリアクセスできます。
IMG_20170203_195816IMG_20170203_194443
同じく15mmのショートコンビをラインナップしている工具の王様SNAP-ONと比較するとこんな感じです。右側がスタビレーです。ちなみにSNAP-ONだと入りませんでした。
ホイールの締め付けにはメガネレンチも使えるかもしれませんが、「13シリーズ」を持っているとペダルレンチの役目も果たしてくれるのです。
IMG_20170203_194828
また、ネジを回すだけでなく、スパナ部にチェーンを引っ掛けるという裏技のような使い方もできると教えていただきました。
実際やってみましたが手をチェーンに触れることなくホイールの脱着ができました。
サドルバッグに忍ばせておけば、万が一チェーンが外れた時。チェーンが外れて困っている子供を見つけた時。
手をオイルでベトベトに汚す事なく即座に対処することができます。ヒーローにもなれますよ。
(初心者のころオイルでベトベトに汚してしまったウェアを未だに着続けているのはここだけの秘密です。何回洗濯しても落ちません)

③そもそもスタビレーのコンビネーションレンチはすごい

これはこの「13シリーズ」に限った話ではありませんが、スタビレーのコンビはただのコンビではありません。
独特のツルツルしていながらピカピカしていない梨地のフィニッシュ。軽くて細身なボディ。
見ただけでスタビレーとわかる個性的なレンチですが、研究を重ねた唯一無二の技術が詰め込まれています。
IMG_20170203_200007IMG_20170203_191413~01
まずはスパナ部ですが、よく見るとわかるのですが傾きの角度が他のメーカーの物と少し違っています。
この独自の角度によって工具に均等にトルクが分散されるようになっています。
IMG_20170203_200215
IMG_20170203_191442~01
次に「I型構造」。断面がアルファベットのIのような形になっており、ネジを回すのに十分な剛性を確保すると共に軽量化を実現しています。
またロゴが刻印ではなく浮き彫りになっているのも、滑り止めの効果があります。
スタビレーの工具はただ硬いのではなく「粘り強さ」を意識して作られており、
「粘りのある乗り味」とよく言われるクロモリフレームの自転車に乗っている僕からすると何となく似ているようで嬉しいです。
IMG_20170203_200614~01
いかがだったでしょうか。少し長くなってしまいましたが、スタビレーのショートコンビ「13シリーズ」の15ミリ
マニアックかもしれませんが自転車用の工具選びに自身を持ってオススメいたします。いいバイクにはいい工具が似合います!
※申し訳ないですがこちらの商品は取寄せとなります。(在庫したいと店長に言うと渋い顔をされました)
価格は2,664円(税抜)です。

 

スタビレーのメガネを特集したこちらの記事も是非ご覧ください!

RELATEDPOSTS関連記事