ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

イチオシ 2016.10.7

優しい!スタビレーの超ロングメガネ

POSTED BY いえむ~

LINEで送る
Pocket

【2016年10月殿堂入り記事】

こんにちは。
img_20161007_20350101
最近フルーツばかり食べているいえむ~です。
一日3食のうち2食はフルーツです。

 

気づけば毎度レンチ類を紹介している私ですが、
今日もレンチを取り上げさせて頂きたいと思います。
今日は少しレアかもしれません。
img_20161007_203156
STHALWILLE 220 超ロングメガネレンチ
STHALWILLE(スタビレー)は1862年(!)創業のドイツの老舗工具メーカーです。
欧州ではオートモーティブだけでなく製造工場や電子機器、設備系、航空機など、
幅広い市場に普及しており総合工具メーカーとして強い存在感があります。

 

こちらのメガネレンチですが、20年前から使っているお客様にその魅力を伺うと、
「優しい感じがする」とおっしゃっていました。

 

梨地フィニッシュはHAZETよりもザラザラ感がなく滑らかで良く手に馴染みます。
SNAP-ONのようなピカピカメッキも良いですが、梨地フィニッシュは手に油がついていても滑りにくいという実用的な側面があります。
img_20161007_203240
また凸になっている刻印も滑り止めの効果があります。非常によく考えられていますね。

 

img_20161007_20465101
スタビレーのレンチの特徴に「I型構造」というものがあります。
レンチの断面がアルファベットの「I」の形になっている、中心部が窪んだ形状になっており、
レンチを軽量化しつつも強度、剛性を維持することを可能にしています。

 

スタビレーのレンチを使った方がよく絶賛するのは、「粘り強さ」です。
強度や剛性感と強くトルクを掛けた時のしなりのバランスが絶妙で、
力を掛けすぎた時にも徐々に曲がっていき、急に折れたり割れてしまうことを防ぐ効果もあるそうです。
この「粘り強さ」「優しい」と感じる一つの要因かもしれませんね。
超ロングメガネレンチは強いトルクを掛けることが多い工具なので、「粘り強さ」も良く感じられそうです。
img_20161007_20335501
メガネ部は15°のオフセットになっており、ネジを回す時に手が入るスペースができるようになっています。
ちなみにスタビレーの超ロングメガネのラインナップはこのオフセットのもののみで、
角度の無いストレートのモデルは出していないのでご容赦下さい。

 

サイズのラインナップは
5.5×7 、 6×8 、 9×11 、10×11 、12×14 、13×14 、17×19 、18×19 、19×22 、20×22

うち柏店に通常在庫しているのは
6×8 、 10×11 、12×14 、13×14 、17×19 、18×19 、19×22

です。
その他の店舗の在庫は各店にお問い合わせください。

 

ちなみに「メガネレンチ」はドイツ語でdoppelringschlüsselと言うそうです。
ドッペルリングシュリューセル。直訳すると「ダブルリングスパナ」です。
ドイツから来た優しさを感じるメガネレンチ、是非いかがでしょうか。

RELATEDPOSTS関連記事