ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

SALE店舗ブログ 2016.8.20

ニッパーは、ただ切れればいいのではない!

POSTED BY 工具屋てっちゃん

LINEで送る
Pocket

こんにちは、工具屋てっちゃんことファクトリーギアの澤山です。

配線や針金やプラスチックを切断するのに使う工具ニッパー。
包丁にも切るモノによっていろいろな種類がある様にニッパーにもいろいろな刃の形状や大きさがあります。
切るモノによって使い分けないと、刃をダメにしてしまいます。
それを分かっていて、違う使い方をする人もいらっしゃいますが、怪我をしない様にして頂きたいです。

ニッパーも大きくわけて針金や配線などのスチールを切断するニッパーと非鉄の樹脂やプラスチックを切断するニッパーがあります。

IMG_4261

 

切断する対象物に合わせて歯の付け方が違うのです、材料も違う場合があります。
上の写真を見れば分かりますよね?左が針金などの硬い線を切断するニッパーで、右は樹脂などの柔らかいモノを切断するニッパーです。
左は包丁でいうと出刃包丁?もしくはナタのような感じです。右はペティナイフの様な感じと言えば分かり易いでしょうか?

だから、プラスチックニッパーで針金などを切ると刃がすぐにダメになってしまいますし、硬いものを切るニッパーではプラスチッキをキレイには切れません。

いろいろな事情で何本も持てない方もいらっしゃいますが、一般的には使い分けた方がいいです。

また、そのプラスチックニッパーでも刃の形状が違うものもあるんです。
例えばこちら

2016-08-17-19-25-11re

 

型式もHP-125で一緒ですが、違い分かりますでしょうか?
刃のところをよ〜く見るとその形状が違うのに気付くと思います。

 

IMG_4250-1re

 

一つは、刃のところがフラットになっています。(写真右)
切り口をまっすぐに切りカスを残さない様にフラットになっているんです。
これはこれで一般的にプラスチックニッパーです。

もうひとつを見ると・・・

 

IMG_4249-1re

 

ちょっとRになっているのが分かりますでしょうか?(写真左)
もう一度2本ならんで写っている写真を見ると、一つはフラットで、一つはちょっとR形状になっているのが分かると思います

これがどう違うのか?
刃がフラットになっているニッパーは切りカスが残らない様に切り口をフラットにする為です。
そして、ちょっとR形状は、フラットではちょっと心配、万が一切り残しが出る位なら少しえぐってもいい。そんな切断をしたい方向けのニッパーなんです。

しかし、この様な刃の形状がどのプライヤーメーカーにもあるか?いうとそれは違います。
日本のメーカーならではと言ってもいいともいます。
日本人はなんでしょうね?切る事には非常に繊細で拘りがありますよね、だから包丁やはさみに限らず世界的に有名な刃物っていろいろとありますよね。
刃の丈夫さのニッパーでは、ドイツなどのヨーロッパメーカーには敵わないと思いますが、繊細な切れ味のニッパーでは日本が一番ではいでしょうか?

 

IMG_4269

 

ただ切れればいいのではなく、その切れ方、切れ味にまで拘る日本人、その感性は外国人にはちょっとないものかもしれません。
今日紹介したニッパーは新潟のプライヤーメーカーの「スリーピークス技研」さんです。
そのスリーピークスさん今日から21日(日)まで豊橋店に来てくれてます!

今日もあの工具好きの営業さんのトークが炸裂していました。
お客さんも「へ〜」とか「え〜!」とそんなトークを楽しんでいらっしゃいました。

 

IMG_4323

 

お店の入り口は行ってすぐの所に作りました特設コーナーでは、スリーピークスさんのカタログに載っているプライヤーをほぼ全部、持って来てくれます。
(今日数本出ていますのでちょっと減ってます・・・)

そして、僕が持っている黄色の値札のプライヤー、これは超特価品です。
こちらは、あるだけの早いもの勝ちです!

特価品を買うのもよし!
いろんなプライヤーを見るのものよし!
デモ機でいろいろと切り比べするもよし!
営業マンとのトークを楽しむのもよし!

いろいろな楽しみ方があります、是非遊びに来て下さい!
21日は10時〜19時です。

Basic RGB

ファクトリーギアの通販サイトが、大幅にボリュームアップしてリニューアルしました!

今までは2,000アイテムでしたが、新サイトでは300,000アイテムに!!

大幅にボリュームアップした新サイト、要チェックです(^^)

RELATEDPOSTS関連記事