ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

新商品 2016.8.22

新登場!さらにロングなSNAP-ON

POSTED BY 足立

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

新商品の探究者。博多店の足立です。

最近書かせていただくブログはだいたい新商品。

どこよりも新しい情報をお届けすることに喜びを感じる今日この頃です。

image3

本日ご紹介するのはスナップオンからこの夏登場したこのハンドル。

実はまだ日本国内で(おそらく)まだほとんど流通していない超最新工具です。

一見するとどこが新しいのか分からないどこかで見た事あるようなフォルムですが、

実は今までのもの、そして他メーカー品と比べると圧倒的に長くなっております。

長さはなんと470mm。しかも差込は3/8SQ。

image1 image2

470mmと言われてもイメージしづらい方も多いと思いますので従来品と比べると写真のようになります。

 

(左の写真) 一般的な3/8SQハンドルと比較した場合

(右の写真) 600mmの1/2SQと比較した場合

 

このように比べてみると600mmのハンドルと大きな差を感じないですね。

 

 

3/8SQのブレーカーバーが長いと何が良いのか。

博多店に入荷して間もないにも関わらず早速買っていただいたお客様からのご意見と、

工具屋である私的見解をご紹介させていただきます。

 

①購入していただいたお客様より

そもそも一般的な3/8SQのブレーカーバーはラチェットで十分。

ブレーカーバーを使う時はネジが固く締まっているときだから長い方が便利。

 

→個人的にはかなり納得なご意見。ガツンといきたいときは長いに限りますね。

 

②工具屋の私的見解

トルクをかけるには1/2SQ工具の方が安心なのは間違いないですが、

やはりほとんどの方が工具を3/8SQで揃えておられます。

皆様お持ちの3/8SQ工具で1/2SQ工具のような作業ができればやっぱり便利ですね。

しかも、1/2SQよりもソケットもコンパクトなため、狭いスペースの作業でも対応できます。

今、人気のロングハンドルと言えば600mmの1/2SQタイプですが、

今後そのシェアを脅かす可能性のあるありそうでなかった便利な工具だと思います。

 

最後に・・・

 

この新ハンドルがどれだか長いのか色々比べてみましたので、

興味がある方、お時間があるかたは是非覗いてみてください。

image1 image2

(左の写真) 3段トップチェストの引き出しに真っ直ぐ入れようと試みました。

→ 見事に入りませんでした、驚くべき長さです。

 

(右の写真) 200Nmまで測定可能なトルクレンチと比べてみました。

→ ほぼ同じ長さですね。このハンドルを使えば頑張れば200Nmまでトルクをかけれるということですね。

 

image4 image5

(左の写真) 超ロングストレートメガネレンチ22x24mmと比べてみました。

→トルクをかけると言えばこれかなと思って比べてみました。メガネレンチと比べると手が痛くならないので思いっきりいけますよ。

 

(右の写真) 長い缶ホルダーと比べてみました。

→長さが分かり易く長いものと言えばコレ。ややネタ切れ感が出てますね。

 

以上になります。

 

問い合わせの際はファクトリーギア各店へ以下の型番をお伝えください。

ソフトグリップ付タイプ:FHBB18A

ソフトグリップなしタイプ:F18LA

RELATEDPOSTS関連記事