ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

2021.5.13

パイレン兼用モンキーにもこんな違いがあります!

POSTED BY ジャンプマン

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

こんにちは。なんば店のジャンプマンです!


今回はパイレン兼用モンキーレンチご紹介します!

目次
USAGのモンキーレンチが注目されています!
狭い場所でもパワフルに使えるペンチ
③もっと比較してみました

USAGのモンキーレンチが注目されています!


先日のFGTVにて公開したUSAGのモンキーレンチ、なんば店でも非常に注目していただいております。


特に「パイプレンチ兼用モンキー(294AG)シリーズ」はその使い勝手の良さを体感したいとご来店し現物を見ていただくケースもございました。

USAG リバーシブルモンキーレンチ(パイプレンチ兼用)250mm 294AG-250


ファクトリーギア販売価格 5,650円(税込)

※予告なく価格等が変更される場合がございます。

オンラインストアページはこちら


パイレン兼用モンキーの一番の特徴といえる「六角ボルトもパイプも一つで掴める」機能は、特に大きいサイズになってくるとレンチを複数持ち歩く必要が解消されるので省スペース、重量軽減といった効果がありあります。


ところでパイレン兼用といえば・・・BAHCOもありますよね?(907Pシリーズ)

バーコ パイプレンチ兼用モンキーレンチ 250mm 9072P


ファクトリーギア販売価格 5,636円(税込)

※予告なく価格等が変更される場合がございます。

オンラインストアページはこちら


果たしてこの2ブランドだと何が違うのか?ご検討されている方にご紹介したいと思います!

1本で幅広くカバーできるUSAG


まずUSAGのパイレン兼用モンキー(294AGシリーズ)をベースに比較していきます。(スタンダードな全長250mmモデルで比較していきます)


同じくBAHCOの全長250mmモデルと比べた際に分かるのが、掴めるボルトナットの幅広さです。


294AG-250の最大掴み幅は38mm、9072Pは最大33mmまでの設定で、他のモデルでも同じ全長の場合USAGの方が幅広く掴めます。


わずか5mm分の差でも「もう一本モンキーレンチが必要になるか」は作業効率の上で大きく変わってきますよね。


細かい部分を見ていくと、USAGのモンキーレンチはグリップ部分の途中が細くシェイプされていて括れているようなデザインです。


この括れによってハンドル部分が他のパーツに干渉するのを避けて「もう少しだけボルトナットを回したい」が実現するのです。


また294AGシリーズをはじめとするUSAGのモンキーレンチはメッキされており、BAHCOと比べ相対的に水周りで使用しても錆びにくい仕様です。
(BAHCOではメッキ仕様のパイレン兼用モンキーもありますが少し割高なので、ここもどのモデルを選ぶかのポイントとなります)

入り組んだ場所で力を発揮するBAHCO


一方でBAHCOは見た目では目立ちにくい部分でUSAGと異なるデザインを施し使い勝手を良くしています。


まずはBAHCOのモンキーレンチ独自の「掴み部分の傾き角度」です。


一般的なモンキーレンチの傾き角度が30度に対し、BAHCOのモンキーレンチは15度と浅く傾いています。


ちなみにUSAGの294AGシリーズは22度でこちらも標準より浅い傾きですがBAHCOはさらに浅いのです。


BAHCOはモンキーレンチを振ってボルトナットを回す際に狭い振り幅でアクセスが可能になっており、色んなパーツ類で入り組んでいる場所でも使いやすくなっています。


またUSAG(294AG-250)とBAHCO(9072P)を比べた際に掴み幅に違いがあるとご紹介しましたが、USAGの方が幅広く掴めるのに対しBAHCOは狭い分、ヘッドそのものの幅もコンパクトになるのでぎりぎりのサイズまで使う場面がなければこちらが使いやすくなるという見方もできます。


パイレン側の違いもチェックしておきましょう。


こちらははっきりと掴み面が幅広くなっています(右のUSAGが4.2mm、左のBAHCOが6.0mm(実測値))


パイプのように丸みのあるものでもしっかり掴めるように配慮されています。


ということで今回は店頭で人気のUSAG、BAHCOのパイレン兼用モンキーで比較してみました。


特に注目していただきたい掴み幅や掴み面、ヘッド周りのデザインについて今回はご紹介しましたが、グリップ部分などユーザーの好みで左右する部分もあるのでお店で握ってチェックしていただきたいです。

まとめ


・ただいまファクトリーギアではUSAG、BAHCOから発売されている「パイプレンチ兼用モンキーレンチ」を見比べてお選びいただけます。
・USAGのパイレン兼用モンキーレンチは一本で掴めるサイズの広さ、水回りでも使える点などが特徴です。
・BAHCOのパイレン兼用モンキーレンチはUSAGと比べ狭い場所で使いやすく、パイレン側の掴み面も広くしっかり保持できます。

RELATEDPOSTS関連記事