ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

2020.7.2

スナップリングプライヤーは90度曲がりが便利(ジャンプマンのこれなんば店で売れてんのよ編)

POSTED BY ジャンプマン

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

こんにちは!なんば店から「ジャンプマン」こと中村がお送りします!

マスク越しで失礼します。口元はめっちゃ笑ってます。

前回に続き「ジャンプマン目線」のなんば店で売れてる工具を紹介したいと思います!

今回は、私が度々お店で御注文をいただくこの専用工具です。

KNIPEX スナップリングプライヤー シリーズ

オンラインストアはこちら

目次
 ストレートと90度
 「手首」の使い方も楽になります。

ストレートと90度

ということで今回はスナップリングプライヤーから90度ベントタイプを御紹介します
スナップリングプライヤーは産業機械から自動車、バイクに至る機械関係には当たり前のように使われるため業種を問わず使われている印象です。

工具メーカーから様々なモデルのスナップリングプライヤーが出ている中、今回考えたいのは「先端の角度」です。
例えば、先端がストレートのスナップリングプライヤーを一つ使われているユーザーさん、そのままずっと一つだけでいろんな作業をこなされていませんか?

ストレートタイプは変なクセはないので大方どこにでも使えますが、同時にラインナップされている「90度ベントタイプ」が断然有利な場面もあります。

例えばスナップリングをアクセスする方向に障害物がありクリアランスが取れない場合。ストレートタイプのプライヤーレンチでは明らかにグリップが邪魔でアクセスできませんが、90度ベントタイプならわずかな隙間に横方向から滑り込ませてスナップリングに届きます。

※スナップリング周りだけでなく、その手前に障害物がある場合も正しくアクセスできない。ベントタイプであれば避けながらアクセスできる。

「手首」の使い方も楽にします

先程の項目では90度ベントタイプのアクセスしやすさについてご紹介しましたが、このアイテムは限定された場所で使うもの、とは限りません!

スナップリングが地面と平行して設置されている場合、ストレートタイプのスナップリングプライヤーを使うには手首をかなり急に立てたり、逆手に持ちかえたりと作業に窮屈さを感じられるのではないでしょうか?

そういう時に90度ベントタイプを使うことで手が自然な位置でプライヤーを持って作業できます。

つまり90度ベントタイプをメインに使ってもらっても全然OKなんです。ストレートタイプと両方揃えておくとより便利ではありますが作業内容次第では最初にベントタイプから買っていただくのも良い選択だと言えます。

まとめ

・KNIPEX スナップリングプライヤーの90度ベントタイプはスナップリングの着脱時にクリアランスの少ない箇所でストレートタイプより有効に使えます。
・狭い場所以外にも手首の向きを楽にアクセスできる効果も期待できます。

この記事を書いたスタッフ

 中村 紘平(なかむら こうへい)所属:通信販売部経歴:2010年ファクトリーギア入社。6月から2年9か月振りになんば店で勤務しています。暇な時間は大体ラジオ聞いています。好きな工具ブランド:DEEN KNIPEX

RELATEDPOSTS関連記事