ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

2022.6.26

バリエーション豊富なバーコのキャビネット

POSTED BY キウチ

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

こんにちは、ファクトリーギア広島店のキウチです。

6月も後半戦。全国各地で梅雨入りするなど雨が多くなる時期ではありますが、

夏も確実に近づいてきています。

夏に向けてやりたいこと、楽しみたいことをイメージして乗り切りたいですね。

さて、今日は魅力あふれるキャビネットのご紹介です!

注目度の高いバーコのキャビネット

「キャビネット」といっても国内外の様々なメーカーから発売されており、

大きさ、色、価格、機能面など判断材料も多岐にわたります。

色々な種類のキャビネットがある中で、ファクトリーギアでお問い合わせをいただく機会がかなり多いのがバーコのキャビネットです。

中でも「エントリーモデル」と呼ばれるシリーズは価格も抑えられており、非常に人気があります。

今日はそのバーコのエントリーモデルのキャビネットを紹介していきます。

シンプルで鮮やかな見た目

手持ちの工具を収納するメインの工具箱ですから、

機能性も大事ですが自分の好きな色やデザインだとテンションも上がりますね。

バーコのエントリーモデルは、オレンジ・レッド・ブルー・ブラックの4色で展開されています。

中でもオレンジやブルーなど他メーカーでは展開されていない色もあり、人気があります。

「BAHCO」の文字とバーコを象徴する魚のマークも素敵です。

最下段の引き出しにも「BAHCO」の文字があり、シンプルながらも存在感のあるデザインになっています。

段数も様々なラインナップ

収納方法にも関わってくるのが引き出しの段数や深さ。

カラーだけでなく、段数のタイプも豊富で、

・5段

・6段

・7段

・8段

と4パターンあります。

段数が少ない方がお値段は安くなっているんですが、

気をつけていただきたいのは「どの段数でもキャビネットの寸法(高さ・横幅・奥行き)は一緒」ということです。

5段より8段のほうがサイズが大きいイメージを持ってしまいがちですが、

このバーコのエントリーモデルはちょっと違います。

5段キャビネットは段数が少ない分、1段1段の引出しの深さが深めになっており、

反対に8段キャビネットは引き出しが多い分、深さの浅い引き出しが多くなっています。

自分の収納したいものをイメージして、一番マッチする段数を選んでいただくのが良いと思います。

引き出しは入れ替えが可能

収納方法を考えたときに、この深さの引き出しが1番上だったらもっと使いやすいのに・・・など

引き出しの順番を入れ替えられたら、と考えることもあると思います。

バーコのエントリーシリーズは割と簡単に引き出しの入れ替えができますので、

使いやすいようにアレンジしやすいのも魅力の一つです。

実用性も◎

4隅のコーナーにはバンパーがあり、万が一の衝突から守ってくれます。

また、側面は二重構造になっており、万が一外側が歪んでしまっても引き出しの開閉は問題なく行えるようになっています。

鍵は自動販売機などにも採用されている安全性の高い円形のキーシリンダーが採用されており、

盗難防止にも適しています。

オプションも様々

一番上の天板部分はラバートップとなっていますが、別売りのオプションで

・ウッドトップ

・MDFトップ

・ステンレストップ

などもありますので、天板をご希望の物に変更することも可能です。

また、キャスターは2輪自在・2輪固定となっておりますが、

4輪全部自在キャスターにしたい!という方は自在キャスターのみ購入することも可能ですので

付け替えていただくこともできます。

ファクトリーギアは送料無料で配送可能 ※離島は除く

大型商品ですが、送料無料で配送が可能です。

キャビネットの新規購入や買い替えをご検討の方は、人気のバーコのエントリーモデルもぜひご検討してみてください。

RELATEDPOSTS関連記事