ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

2021.6.5

狭い所におすすめの背の低いソケット

POSTED BY キウチ

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

こんにちは、広島店のキウチです。

今年は5月の早い段階で梅雨入りしたもの、

今のところ雨が続くなーという感じはない広島。

このまま本格的な梅雨を感じることなく、さらっと梅雨明けしちゃってほしいと願っています。

さて、本日ご紹介するのは・・・。

DEEN ロークリアランスソケットセット

ロークリアランスということで、簡単に言うと「背の低い」ソケットになります。

ソケットの下半分が普通と違うのはなんとなくわかると思うのですが、

もうちょっとだけアップにしてみます。

ソケットの下半分(根元)が六角形状になっています。

この六角の部分がポイントで、ギアレンチ(ラチェットめがねレンチ)などと

組み合わせて使用することで「背の低い」というその真価を発揮します。

比較すると高さの違いが一目瞭然

一般的なラチェット+ソケットの組み合わせと、

ギアレンチ+ロークリアランスソケットの組み合わせで比較してみました。

ソケットのサイズはどちらも同じ10㎜です。

はっきりと背の高さに違いが出ますね。

この差が実際の作業で「工具が入らないから回せない」と

「狭くてもこの工具ならスムーズに回せる」の差になることがあります。

根元の六角部分のサイズは13㎜と17㎜

ロークリアランスソケットセットは7個セットになっており、

サイズが8・10・12・13・14・17・19㎜の7個です。

8㎜~14㎜までのソケットは根元の六角サイズが13㎜、

残りのサイズ大きめの2個は17㎜となっていますので、

13㎜と17㎜のギアレンチやめがねレンチを持っていれば、

メーカー問わず組み合わせて使うことができます。

実は別メーカーでいうと、スナップオンでも似たようなロークリアランスソケットが

ありますが、スナップオンの場合は差込部分のサイズが特殊なサイズで作られており、

スナップオンの専用ラチェットでないと使えなかったりします。

その点、DEENの場合はメーカーが違っても組み合わせて使えるので、ありがたいポイントです。

ラチェットでも使用可能

根元の六角だけでなく、しっかりソケット底面には差込口がついていますので、

普通にラチェットと組み合わせて使用することもできます。

狭い所での作業のために背の高さを抑えたいならレンチ系との組み合わせがオススメですが、

特にスペースを気にしない場合ならラチェットでも充分なので、

組み合わせられる工具が多いのは単純に嬉しいですね。

最近でた新商品というわではありませんが、こういったロークリアランスソケットが多くのメーカーから発売されているわけではないので、狭いスペースでの作業にお困りの方にはぜひ知っておいてほしいアイテムです。

RELATEDPOSTS関連記事