ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

BRAND(メーカー) 2016.4.25

消耗品でもこだわって良い「替刃」ができました

POSTED BY ジャンプマン

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

こんにちは!本日はなんば店のジャンプマンこと、中村がお送りいたします!

IMG_6743

最近観に行くライブの物販でよくステッカーをいただくことがあり、良い感じに集まってきています。
IMG_6756
このステッカーは自分のPCかスマホに貼ろうかなと考えている内に、幼い頃はタンスやらテレビやらにベタベタ貼って後で怒られた事を思い出しました。
まあ親からしたら貼るだけ貼って汚しっぱなしですからたまったもんじゃなかったと思います(笑)
「ステッカーを剥す」作業においては老若男女いつの時代も苦労するわけです!

手で剥がすより「スクレーパー」で効率よく剥がしましょう

・・・多少強引な導入にはなりましたが、当ファクトリーギアでもお仕事からプライベートまで様々な「ステッカー剥し」に合わせた『スクレーパー』をご用意しております。
IMG_6770
スクレーパーにも色んな用途がございますが、最初に触れたようにステッカーを剥す目的での使用が店頭で伺っていても多い印象です。
プライベートですとやはり家具に貼り付いたステッカーを、お仕事ですとメカニックさんが車体の車検ステッカーやデカールを剥す際に使われています。
スクレーパーは他にガスケットやパッキンを剥す際にも使われます(また専用のスクレーパーがあります)が、今回はステッカー剥しに着目していきます。

替刃の買い替え時はサイズに注意

スクレーパーには鋭利な刃が取り付けられていて、これをステッカーとパーツの隙間に差し込んでガシガシ剥がしていきます。
この刃は使い続けていると磨耗してうまくステッカーを剥がしづらくなりますので、今回ご紹介しているスクレーパーの多くは「交換方式」が採用されています。
IMG_6762
一部メーカー専用モデルを除き(例えばKTC)、画像の縦19.2mm横38.3mm(実測)サイズの刃がいくつかのメーカー間で互換性があります。
※店頭で扱っているメーカーですとBluepoint、KANZAWAなどが該当します。

消耗品でもより使いやすく!より長く使える!!

では替刃も用意しておけば無問題、となる前に!もう一歩「刃」にこだわっていただきたくて作ったのがDEENのスクレーパー(DNSP-12759)です!
IMG_6760
こだわったポイントが『刃の強度』!
DEENのスクレーパーに標準装備している、私達は「ダブルブレード」と呼んでいる刃は一般的な物より厚みを持たせつつしなりのある仕様となっております。
IMG_6763
金属といえど薄く作られていますので力を掛けすぎると折れたり欠けたりしてすぐ交換しなければならない・・・というお困りの声を元に特別に作られた替刃なのです。
IMG_6764
また替刃を本体と固定するベース部分(上の画像だと替刃の下部)は左右のカシメを強固に施していますので、余計な力が掛かって本体から外れ怪我をするといったリスクを軽減しています。
※こちらの替刃は厚みがある分DEEN製以外のスクレーパーに装着しづらい場合があります。

替刃も使い分けてクオリティの高い作業を

ここまではスクレーパーの刃が「金属製」ということを前提に進めてきましたが、実際にスクレーパーを使いたいけど金属の刃だと剥した部分にキズが入らないだろうか・・・と気になった方もいらっしゃるかと思います。
確かに柔らかい素材相手や力の掛け方によってはキズが付きかねません。
それでも何とかステッカーは剥がしたい・・・というアナタは『樹脂製スクレーパー』を試してみましょう!
IMG_6765
金属製に比べ対象物への攻撃性が抑えれられるので心置きなくステッカー剥がしに専念!
もちろん磨耗は比較的早いですが、実はこの樹脂製スクレーパーは「両刃」なので1枚で2度使えるおいしい仕様となっております!

RELATEDPOSTS関連記事