ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

2020.2.24

KINIPEXウォーターポンププライヤー

POSTED BY

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

こんにちは、ファクトリーギア柏店のソンです。

 

ファクトリーギアは様々な工具を扱っています。

作業現場でよくある六角ボルトを回す場合は通常スパナやメガネレンチを用いるのが一般的ですが、

サイズが合わないまたは丸い形や不定形などの場合にウォーターポンププライヤーが有効です。

                

 

 

 

掴み面に大きな溝が付けられているので、 対象物を滑らずにしっかり掴め、とても便利ですね。

 

 

 

そのウォーターポンププライヤーなど握り工具で有名なドイツ工具メーカーのKNIPEX、同じウォーターポンププライヤーでもラインアップがとても豊富です。

 

 

最近「この2つの違いはなんですか?」とよく聞かれます。

ウォーターポンププライヤー8721-250と8701-250

 

 

 

同じ250mmサイズの2本をこうして比べてみると、サイズ、形、能力全部同じです。

2本ともプッシュボタンが付いており、 ボタンを押すことにより片手で素早く簡単にアゴの幅を細かく調整できるのが特徴の一つです。

 

 

ではこの2つウォーターポンププライヤーの違いはどこでしょうか。

 

 

実は秘密は8721-250の赤いプッシュボタンにあります。

プッシュボタンを押さなくてもハンドルをスーッとスライドさせるだけでアジャスト完了の簡単構造となっています。

このようになんとハンドルを移動させてアゴの幅を調整できます。

  

 

 

ウォーターポンププライヤーを含めKNIPEX工具は ファクトリーギア各店 にて販売しております、

気になる方はぜひ各店に足をお運びください。

RELATEDPOSTS関連記事