ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

NEWSイチオシ 2016.3.26

ドイツ工具を比較【2016.3.26】ファクトリーギア横浜246店

POSTED BY カナイワ

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

こんにちは!!

IMG_4628

物を描いたり、作ったりすることは好きなのですが、

学生時代は美術の評価が下から数えた方が早かった・・・カナイワです。

写真を見る限りだと英語もイマヒトツのようです。

 

本日は、写真からもお分かりになるかとお思いますが、今日はGARMANY!!

ドイツ工具といえば、世界有数の材質のよさ、職人の腕の良さから世界一流メーカーが軒を連ねている国の一つです。

ですのでユーザーさんの中にもドイツ工具ファンの方はたくさんいらっしゃると思います。

本日はドイツ工具、その中でもラジオペンチについて書いていきます。

IMG_4621IMG_4622

ちょこっと余談ですが、ラジオペンチって秋葉原が発祥の日本語なようですね。

もともとは昭和時代にラジオ作りがブームの際に使い勝手がよく、「ラジオで使うペンチある??」という表現が広まったことから日本では”ラジオペンチ”という名前が広まったみたいです。

アメリカで発音よくradie pench(←綴りあってます??)って言っても「whats??」ってなっちゃいます。

ちなみに「ペンチ」っていう呼称も日本独特な物なんですね。

正しくは「ロングノーズプライヤー」または「ニードルノーズプライヤー」ですよ!!!

 

さて、本題に戻りまして。

IMG_4619

本日ご紹介するのが全て全長160mmのラジオペンチ・・・ではなくてロングノーズプライヤー。

メーカーはKNIPEX、wiha、そしてDEENの3メーカー。

Ⅰつかみ面

Ⅱ切れ味

Ⅲその他特徴

の3つのポイントに絞って書いていきたいと思います。

 

Ⅰつかみ面

3メーカーを並べてみると、ギザギザ加工が施されているの面積とが違います。

IMG_4624

wihaはギザとフラットの面積がおよそ1:1に近いのに対して、DEEN、knipexはおよそ3(ギザ):1(フラット)でした。

細かい物を先端で掴むことが多いのか、または大きめの物を広い範囲で掴みたいのかというところで選ぶポイントになってきます。

また、よ~く見てみると先端はピッタリと隙間がありませんが、中心に行くにしたがってに少し隙間があります。

これは精度の良し悪しではなく、敢えて僅かですが隙間をつくっているのです。少し太い物を掴む時なんかは掴み部分に隙間があったほうが掴みやすい為です。

この3メーカーで1番隙間が広かったのはKINIPEXでした。(ほんとに0.何ミリ㎜)の世界ですが。IMG_4625

 

またまたちょっと余談ですが、ラジオペンチはスリット(ギザ)が横に入っているので基本的には掴んで引くという一方向に特化した工具ですので、横に引っ張ったり、ひねったりする作業には滑ってしまいます。

その際に強いのがKNIPEXからでている”メカニックプライヤー”です。こちらは掴むに特化した工具なので、精度を高める為にカッターはついていませんが、スリットが網目状に入っているので横方向や斜め方向への掴みにも非常に強い工具になっています。

 

Ⅱ切れ味

3メーカーのカッター部分の切れ味を比較してみます。

KNIPEX

ラジオペンチ 2501-160

(通販ページはこちら)

中硬線 2.5㎜

硬線 1.6㎜

DEEN

ラジオペンチ DNP-160GR

(通販ページはこちら)

中硬線 2.5㎜

硬線 1.6㎜

wiha

ニードルノーズプライヤー WH-Z05005160

(通販ページはこちら)

中硬線 2.5㎜

硬線 1.6㎜

 

3メーカーの切断能力は同じでした。

掴みもそうですし、切断の際にどのメーカーが1番力が入るのか。といえばwihaでしょうか。

IMG_4620

人間工学的形状のハードグリップと、ソフトグリップを採用し、力が入りやすい形状となっています。

ですがより細かい作業がメーン。ということであればDEEN、KNIPEXが使い勝手は良さそうですね。

 

Ⅲその他特徴

ここでご紹介したいのがDEENのラジペン。DEENはファクトリーギアがオフィシャルサプライヤーを担う日本メーカーですが、このラジペンに関しては、Made in germany。更にいうとknipexのsister Campanyで作られているので材質の良さ、製造技術は折り紙つきです。

DEENならではのポイントとして、まずは先端の細さ。掴み部の1番細いところをknipex(2501-160)と比較してみると,DEENが2mm、KNIPEXが3.5mmでした(カナイワ調べ)。先端の細さが大きな魅力といえます。

更にもう1つ。フラットのつかみ面ともう一つ、コンビネーションプライヤーのように丸みを帯びた対象物への掴みにも有効です。

IMG_4626

 


 

世界的に見ても超一流の材料と、職人の腕が際立つドイツ工具。

是非、今後の工具を選ぶ際の参考になればと思います。

 

Basic RGB

ファクトリーギアの通販サイトが、大幅にボリュームアップしてリニューアルしました!

今までは2,000アイテムでしたが、新サイトでは300,000アイテムに!!

大幅にボリュームアップした新サイト、要チェックです(^^)

横浜246店 LINEやってます!

お得な情報やお知らせをLINEのお友達だけに!

LINEを起動し、友だち追加ボタンから、

ID検索で @emf3448n を入力をするとご登録頂けます!

またはコチラから↓

友だち追加数

500円クーポンが貰えるので、お店で画面を見せてください!

横浜246店 Twitterもやってます!

お得な情報やお知らせをリアルタイムでお届け!

最新情報を見逃しちゃ損ですよ(^O^)

 

RELATEDPOSTS関連記事