ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

2020.9.3

台風などの災害対策にライトの準備を

POSTED BY

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

こんにちは!なんば店から「ジャンプマン」こと中村がお送りします!

マスク越しで失礼します。口元はめっちゃ笑ってます。

今回は、これからの季節に合わせて準備してもらいたいアイテムの一つです!

ホリーズ ランタン型LEDライト


なんば店特価販売価格¥2,980(税抜き)
※予告なく変更される場合があります。

目次
 災害対策品に準備しておきたい
ランタン型のおすすめポイント
③ランタン型LEDライトも吟味してみましょう

災害対策に準備しておきたい


今回のタイミングでご紹介するきっかけが、今日本列島に近づきつつある台風です。

ここ数日で台風によって停電等があった場合の防災用に懐中電灯をお探しのお客様がご来店されました。

お客様とのお話から、昨年も大阪で大きな台風の被害が起こり、大阪南部の一部地域で停電が長期間発生した事例があるため、今年は気を付けようとする動きが顕著だと分かってきました。(私が気付いていないだけで他のお客様も同様の理由でライトを買いに来店されているのかもしれません)


気象庁の災害対策の説明でも、「懐中電灯」を備えておくことを推奨されています。

ランタン型のおすすめポイント


そんな懐中電灯もいろんな形があって、いわゆるペンライト型も状況に応じて必要になりますが、「ランタン型」LEDライトも災害時の使用にすごく有効です!

おすすめポイント①空間全体を照らすことができる


ペンライト型はその形状から一方向への照射で、照射角度の広さにも限界があります。。


ランタン型はLEDチップを複数方向に設けて同時に照射することで、360度を照らすことが可能です。


これによってわざわざ照らしたい方向に向ける必要が無く、ランタン型LEDライトひとつあれば人が集まる場所を照らし続けることができるわけです。


ホリーズのランタンLEDライトは最大で1000ルーメンというガスランタンと遜色がない明るさを発揮できます!

おすすめポイント②操作が簡単


ランタンといえば一般的には火をつけて照らすもの(ガスランタン)をイメージされるかもしれませんが、初めて使う人や器具の操作が慣れないと咄嗟に使えません。


そこでランタン型LEDライトならボタンを押すだけでON/OFFの切り替えや明るさの調整が容易ですので、ご家族のどなたでも準備できます。

おすすめポイント③火を使わない安全性


これも一般のガスランタンとの違いですが、火を使わないことで使用中の安全性を高めることにもつながります。


こんな感じで倒れても火が延焼につながるという心配がありません。

ランタン型LEDライトも多機能に


なんば店ではホリーズ ランタン型LEDライトを在庫中ですが、お取り寄せで他メーカー品もおすすめしたいアイテムがあります。

GENTOS LEDランタン EX-000R


販売価格¥16,857(税抜き)
※予告なく変更される場合があります。

通販ページはこちら

こちらのモデルも1000ルーメンというスペックを持っていてガスランタンと遜色がありません。


またこちらは内蔵の充電池を利用しUSB経由で携帯電話や電動機器へ電気供給が可能なことも特徴です。あらかじめ充電しておけば停電など電源が取れない際に活躍します。。(充電池は単一アルカリ電池3個に置き換えられるので緊急時の使用に対応できます。)

まとめ

・これからの季節で懸念される台風をはじめ様々な災害対策にライトの準備は必須です。
・ランタン型LEDライトは操作性や安全性、そして明るさを十分に発揮できるのが特徴です。
・照射能力だけでなく、電源供給機能などを備えた製品もあります。


この記事を書いたスタッフ


 中村 紘平(なかむら こうへい)所属:通信販売部経歴:2010年ファクトリーギア入社。6月から2年9か月振りになんば店で勤務しています。暇な時間は大体ラジオ聞いています。好きな工具ブランド:DEEN KNIPEX

RELATEDPOSTS関連記事