ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

店舗ブログ 2018.9.20

角には触れさせぬ!

POSTED BY ジャンプマン

LINEで送る
Pocket

こんにちは!通販部の「ジャンプマン」こと中村がお送りします!

DnB8Uf2U4AAiXdl

 

エアツール専用ソケット

・割れにくく、脱落しにくい設計

今回は「決算セール」アイテムより、『DEEN 3/8sqサーフェース・ソケットセット』のご紹介です。

DSC_0482

価格:¥3,780(税抜)

ストアページ:http://ec.f-gear.co.jp/category/2018KESSAN/4562434456397.html

このアイテムはDEENブランドで初めてエアツール用ソケットとして開発されたものです。

2018092001

「エアツール用ソケット」は以前工具ブログでその特徴をご紹介しておりますが、一般的なハンドソケットと異なる素材での成形とめっき処理、エアツールへの装着方法がピンによる固定方式になっています。

これは、

・空圧の高回転によるソケット脱落防止
・ボルトとソケットの接触時の衝撃による破損防止

上記のような機能が付加されているためです。

ハンドソケットだとエアツールに装着した場合に起こる問題を専用設計で解消してあります。

もちろんDEEN 3/8sqサーフェース・ソケットセットもこの基本となる仕様です。

DSC_0483DSC_0484

ハンドソケットでもエアツールを使った作業はできますが、使用中にソケットが破損することでの時間ロスや、ボルトやパーツ等を破損させてしまうリスクを軽減するためにも、まずは専用ソケットを使う事を意識してみてください。

そんな専用の仕様に加えてDEEN 3/8sqサーフェース・ソケットならではの特徴もご紹介します!

ボルトに優しいソケットです

・面接触仕様

サーフェースという名前で気づいた方がいらっしゃるかと思いますが、このソケットはボルトと接触する内側が『曲線』で構成されています。

DSC_0489

一般的な六角形状のソケットでボルトを回すとボルトの角に負担が掛かりやすく、次第に角が傷んで(丸まって)しまいます。
ボルトが傷みすぎるとソケットでは回す事が困難になるので注意が必要です。

サーフェースソケットは内側の曲面がボルトの角を避けて「面接触」で回すことができます。

DSC_0486

角を傷めるリスクを減らし面で捉えることで着実にボルトを回していきます。

空圧の力で回る事でハンドツール以上にボルトへの負担が大きいソケットにとってはうってつけの特徴なのです!

手を意識したサイズ感

・セミディープサイズの特徴を生かす

もう一つの特徴がソケットの全長です。

DSC_0487

DEENブランドのハンドソケットと比較するとショートタイプより少し長く、セミディープソケットとの間程度の長さで設定されています。

これによって例えば自動車の内装やエンジンルーム内の少し奥まった場所にあるボルトへ直接アクセスできるようになります。

またソケットの長さ分エアツールとボルトとの距離を取れることで、エアツールを握る手のクリアランスを十分に確保できます。

DSC_0488

コンパクトな工具を使おうとしてもうまく握れず作業が安定しない、という不便さも解消します。

まとめ

・エアツールを使うために必要な基本機能を備えた専用ソケットです
・ボルトに対して面接触で傷め過ぎずに回す事ができます。
・セミディープの絶妙なサイズが使いやすさをアップします。

エアツールのパワーに対して専用ソケットを使う事で上手くコントロールし安全な作業を目指しましょう!!

 

Basic RGB

 

この記事を書いたスタッフ

中村写真

 

 

中村 紘平(なかむら こうへい)

所属:通信販売部

経歴:2010年ファクトリーギア入社。長年店舗勤務でしたが今春から通販業務やコンテンツマーケティングにも携わっています。只今東京でライブハウス巡り真っ最中。たまに遠征もします。

好きな工具ブランド:DEEN KNIPEX

RELATEDPOSTS関連記事