ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

店舗ブログ 2017.2.24

ソケットの長さ、メーカーでどのくらい違うの? 検証

POSTED BY おかちゃん

LINEで送る
Pocket

こんにちは!おかちゃんです。

梅が咲き、だんだんと春めいてきましたね~!

桜が咲くのが待ち遠しいです。

 

さて。身の回りのさまざまな箇所で用いられている接続パーツといえば、ネジやナットが代表的ですが、

その中でも、奥まった箇所であったり、狭い箇所であった場合には、着脱に適したサイズの工具が必要とされますよね。

 

ソケットにも、シャロ―、セミディープ、ディープとさまざまな高さがありますし、外径も薄さや強度の兼ね合いで各メーカーごとに若干の違いがあります。

そこで、各種メーカーごとに、高さと外径にどの程度差違があるのか、検証いたしました!

 

今回は店頭にある3/8SQ差込の10mmソケットを各メーカー、各サイズかき集めてきました。

シャロ―からディープまで、高さごとに並べるとこのような感じに・・・

IMG_8684

 

同じ区分けでも違いがあることが分かります!

 

IMG_8695

 

寸法を測ったのは、こちらのデジタルノギスです。

(±0.1で誤差がありますので、必ずしも精度が高いデータではございません。あしからず。)

 

 

では、さっそくシャローから見ていきましょう。

表は測定した高さの昇順に並べてあります。

 

IMG_8694

――――――――――――――――――――――――

メーカー    高さ〔㎜〕  外径〔㎜〕

――――――――――――――――――――――――

Z-EAL    20.1    14.0

ネプロス    22.1     14.0

KTC     22.1       14.6

DEEN    22.2       14.5

Snap-on   22.9                 14.3

HAZET              24.9                 14.6

Ko-ken      26.0       14.5

――――――――――――――――――――――――

平均     22.9    14.4

 

Ko-kenの中でもより上質なレベルで洗練され造られたZ-EAL。

高さは20.1㎜と各種メーカーの中でも断トツで低く、外径も14.0㎜とコンパクトです。同じく外径比較ではネプロスもZ-EALと並びます。

また通常のKo-kenモデルは26.0㎜と比較した中では最も高さがあるので、2つ揃えると狭いところにはZ-EAL、狭いけれども多少高さが欲しい箇所にはKo-kenと使い分けもできそうです。

平均値にもっとも近いのはSnap-onです。

 

 

IMG_8692

――――――――――――――――――――――――

メーカー    高さ〔㎜〕  外径〔㎜〕

――――――――――――――――――――――――

ko-ken      40.0    14.5

KTC     40.1       14.5

Snap-on    41.4       14.2

DEEN     41.8       14.5

――――――――――――――――――――――――

平均     40.8    14.4

 

続いてセミディープの比較です。

高低差は最大で1.8mmでした。あと1㎜欲しい!1㎜当たってしまう!など、限定されたサイズで使いたいときに参考になるかもしれません。

また、中程度のサイズとして幅広くカバーしたいときにはもってこいですね。

 

IMG_8693

――――――――――――――――――――――――

メーカー    高さ〔㎜〕  外径〔㎜〕

――――――――――――――――――――――――

HAZET              53.9                14.5

Snap-on   54.0                 14.1

スタビレー    54.2                 14.4

DEEN    54.8       14.5

ネプロス    55.1     14.1

Ko-ken      55.2       14.6

キングトニー    64.9       13.1

KTC                     65.2                 14.5

 

――――――――――――――――――――――――

平均     57.2    14.2

 

最後にディープソケットの比較です。

データから、欧米メーカーよりも国内メーカーのほうが長さ(高さ)の長い傾向があります。

53.9mmのHAZETに対し、65.2mmのKTCと、その差は11.3mmもあります!

ちなみにですが、KTCソケットは1/2SQ差し込みで100mmあり、KTCのディープソケットは全体的に長めな設計になっております。

一方のネプロスは55.1mmとやや低めにつくられてます。

台湾のキングトニーの薄型ディープソケットは、なんと外径13.1mmと断トツのコンパクトさです!

とにかく狭くてどうにもこうにもならないってときにお試しください。

キングトニーの薄型ディープソケットは、10mm、12mmと2種類の取り扱いサイズがございます。

また、薄型のタイプでは、ネプロスとsnap-onが並んで14.1mmとコンパクトであり、さらに強度面でも安心してお使いいただけます。

 

メーカーによって長さに差があることは、実際に比較してみないと見えてこないですね。

ソケットをちょっと変えてみることで、届かなかった箇所にもアクセスできるようになったというお話は、お客様より日頃よくお聞きします。

ぜひ、実際に手に取っていただきながら、お試し下さい。

 

 

RELATEDPOSTS関連記事