ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

イチオシ店舗ブログ 2017.1.31

ブラックボディーのDEENトルクレンチ

POSTED BY おかちゃん

LINEで送る
Pocket

こんにちは!おかちゃんです。

本日で1月も終わり。ウィンドウショップングでは早くも春物が並びはじめましたね。

春に向けて、タイヤをスタッドレスから交換したい方。

タイヤ交換をご自身でされてみたい方。

自転車のメンテナンスなどされる方へ。

 

本日はトルクレンチをご紹介いたします。

 

dntq05set

こちらが、DEENのトルクレンチです。

色はクールで上品なブラック。持ち手側には、ロゴが赤文字で書かれています。

IMG_8528 IMG_8527

 

【ラインナップ】品番/ヘッド差し込み角/ヘッドプラグサイズ/長さ/測定範囲/最少目盛

DNTQ15NCR  1/4sq  9×12  224  3-15  0.1

DNTQ25NCR  3/8sq  9×12  268  5-25  0.2

DNTQ40NCR  3/8sq  9×12  294  8-40  0.2

DNTQ70NCR  3/8sq  9×12  337  10-70  0.5

DNTQ140NCR  1/2sq  14×18  470  20-140  1

DNTQ200NCR  1/2sq  14×18  528  40-200  1

DNTQ400NCR  1/2sq  14×18  628  80-400  2

 

ヘッドは交換が可能なため、差し込み角を3/8sq→1/2sqへ変更やその逆も可能です。

また、プラグサイズが9ⅹ12のタイプは、1/4sq、3/8sq、1/2sqとラインナップがございますので、

自由に付け替えることができます。

 

メガネやスパナ、フレアナット形状でご使用の場合も、変換パーツがございます!

IMG_8529IMG_8530

 

ダイヤルを回す際は、グリップ上方部にあるスイッチを下にさげ、さげたまま右方向に回します。

測定したいトルク値にダイヤルを合わせたら、あとは手を放すのみで設定完了です。

IMG_8526

 

トルクレンチの使い方として、必ずグリップを握ります。胴の部分を掴むと、腕の長さが変わり、トルクが変わってしまうからです。測定トルク近くまで締めたら、ゆっくりと回し、カチンと音がしたらokです。音が鳴ったあとにさらに手で押してしまうと、トルクが加わってしまうので注意が必要です。

 

測定工具は、なにより精度の高さが重要ですよね。

DEENのトルクレンチの特徴として、他社メーカーよりも若干長い作りになってます。

たとえば200Nのモデルでは、他社メーカーが470~500㎜の長さが一般的であるのに対し、528㎜もございます。

その理由は、中のスプリングが長めに作られているからです。

スプリングを長くすることで単位長さあたりにかかる張力を下げることができ、スプリングの精度をより長期的に維持できるようになりました。

 

自転車メンテナンスには、新しく出た1/4sqヘッドのスモールセットがお勧めです!

dntq16set_1

専用のメタルケースに、トルクレンチ本体、ソケット、ビットソケット、エクステンションバー、ヘックスソケットが入っています。

コンパクトかつ持ち運びにも便利ですよ~!

 

さいたま店といえば・・・

お店の約1/3がキャビネットで埋まっている!?

キャビネットを見て触ってみたい方は是非!!さいたま店へお越しくださーーい!!!

fullsier

※収まり切らなかったですが、もう数台展示してあります!

≪ファクトリーギアさいたま店情報≫

〒336-0015 埼玉県さいたま市南区太田窪(大字)2791
TEL:048-887-3659 FAX:048-871-2259 MAIL:saitama@f-gear.co.jp
平日土曜12:00-21:00日祝11:00-20:00

IMG_0839

LINEにてさいたま店お友達追加でお得な情報やクーポンをゲット!
友だち追加数

FACEBOOK-イイね用-QRコード

↓ ↓ ↓ ↓ クリック ↓ ↓ ↓ ↓

facebook ファクトリーギアさいたま店

RELATEDPOSTS関連記事