ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

2020.8.30

ガタゼロな薄口あります。

POSTED BY やさしいジャイアン

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

こんにちは!最近ラーメン屋巡りにハマっている藤野です。

よくお客様に美味しいお店を教えて頂いています。(笑)

さて、今回は最近在庫を始めたTOPから、狭い場所で役立つ薄いモンキーレンチをご紹介致します。

大評判のガタゼロを採用した薄口モンキー

トップ工業といえば、

日本でJIS規格が制定されてから、初めてその認定を受けた国産モンキーレンチの代表的なメーカーです。

そんなTOPの代表作であるハイパーモンキーZEROシリーズは、

モンキーレンチの弱点であったアゴのガタツキを独自技術によって解消しており(ガタゼロ)、

発売以来大評判のアイテムになっております。

このガタゼロ技術を採用した薄口タイプのモンキーもラインナップされています。

薄口タイプのHTシリーズ

こちらのHTシリーズは、最大開口24mm・32mm・38mmの3種類でています。

開口幅が38mmあるものですと一般的には、掴み面の厚みが1cm以上になりますが、こちらは半分以下の4.5mm(±0.5mm)です!

左:通常タイプ 右:薄口タイプ

更に全長も224mm(3サイズ共通)で短いのもポイントです。

全長が短いので、より狭い作業での使用に適しています。

手前が薄口タイプ、奥が通常タイプ。開き幅は同じでも全長が異なる。

ベントタイプも人気です。

20°の角度を付けたベントタイプ(HT-200B)もあります。

こちらは、20°の角度を付けたベントタイプです。

ベントタイプですと、柄を握った際に指が干渉しないようスペースが確保されています。

ベントタイプなら柄を握っても指が干渉しません。

最大開き幅20mm、24mmの2種類をラインナップしています。

開き幅20mmは全長150mmm、24mmの方は全長200mmです。

今回は、TOPのガタゼロの技術を採用した薄口のモンキーを2種類ご紹介致しました。

ダブルナットを回す際など、薄いボルト・ナットに対して有効に使うことができると思います。

是非、ご来店の際はチェックしてみてください。

この記事を書いたスタッフ

藤野 倫太郎(ふじの りんたろう)

所属:仙台店 経歴:2018年入社なんば店で勤務の後、2019年5月より仙台店勤務

好きな工具ブランド:WIHA,STAHLWILLE

RELATEDPOSTS関連記事