ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

BRAND(メーカー)NEWSイチオシ店舗ブログ 2016.4.19

ギター弦交換・調整

POSTED BY けんたろう

LINEで送る
Pocket

こんにちは!さいたま店のけんたろうです^^

本日は普段と趣向を変え、私の趣味のギターと工具の話をします!

ギターをお持ちでない方は面白くないかもしれませんが、、、構わずいきます←

DSC_1763

弦交換や調整をする際に、工具が必ず必要になるかと思います。

普段の練習や文化祭のステージ、ライブハウスでの演奏において、プレイヤーの持つ力を100%出すために、簡単なギターの調整をご紹介致します!

ブログ①

 

■使う物

・fenderテレキャスター

・ニッパーDEEN DNP-160GN ¥2,700(税抜)

・ラジオペンチDEEN DNP-160GR ¥2,300(税抜)

・六角ドライバー(六角レンチでも可) PB205:1.27×50¥800(税抜)

・プラスドライバー(1番) ANEX No.3514 ¥371(税抜)

・定規(小さくてメモリの細かい物) シンワ長尺ドライバー15cm ¥271(税抜)

 

 

 

 

ブログ②

弦を緩め、DEENのニッパーで切ります!

いい工具なので切れ味が良いです!

力をかけずに切れるのでストレスがありません。

次に早速、新しい弦を張っていきます。

裏から弦を通し、このような状態にします。

ブログ⑭

 

そしたら丁度良い長さに弦を切ります。

6~4弦は、ペグの2個半、1~3弦は2個分間隔を空けるのがオススメです!

ブログ④

 

そしてここでDEENのラジオペンチの登場です。

弦をペグに上手く引掛けるため、そして引掛けを強くし、チューニングのズレを減らすためにこのような形にラジオペンチを使って曲げてやります。

ブログ③

その後、自分は弦を巻きます。

撒き方は特に決まりがないので、自分なりの巻き方でいいと思います!

弦を引っ張り、慣らした後チューニングをして終了!!

 

とここまでの方が多いと思います。

このまま弦高調整とオクターブチューニングまでやってみましょう!

 

まずは弦高調整です。

弦の高さを変えることによって、ギターの鳴りが良くなったり、弾きやすさが変わってきます!

弦高をいじる際は、ブリッジ部分のここに六角ドライバーを入れます。

ブログ⑫

実際に弾いてみたときの感覚がとても大事です!

コードや単音フレーズを鳴らしてみて、しっくりきたらOKです。

その時、定規を使って弦高をメモしておくと良いです♪

ブログ⑦

次にオクターブ調整です。

開放弦(弦を押さえないで出る音)のチューニングが合っていても、押弦すると音程があってない!なんてことはありませんか??

これはオクターブ調整をすることによって解決されます。

各弦の開放弦の音と12フレットを押さえた時の音を同じ音程にしてあげることで解決していきます。

 

ANEXの精密ドライバーの1番を使って作業していきます。

ちょうどボディの部分にグリップが当たらないので、ギターを傷つけないです。

ブリッジの後ろ部分にあるネジを回して調整をしていきます。

ブログ⑧

 

12フレットを押さえた時に音程が低ければ、ネジを締めてやります。

音が高ければ、ネジを緩めていきます。

このようにコマが上下します。

ブログ⑨ブログ⑩

チューナーをみながらちょうど良い位置を探っていきます。

そして終了です!お疲れ様でした(笑)!

調整を終えたばかりのギターは弾いていてとても楽しいです!

どこを押さえても和音がキレイに響いてくれるのに感激します。

 

最後に

弦交換や調整は正直面倒な作業です。

なのでチョイスする工具は、用途に合っていて使いやすい事、自分の好きな色や見た目がかっこい物のほうが良いと思います。

拘りを持って選んだもの使うことは、面倒な事を楽しい事に変えてくれます。

これはギターに限った話ではないと思います。

FACTORYGEARスタッフ一同、あなたの拘りに合った工具をお探しします!

お店では気軽に声をかけてくださいませ^^

RELATEDPOSTS関連記事