ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

イチオシ店舗ブログ 2019.2.24

狭いところでも一目瞭然!

POSTED BY ソン

LINEで送る
Pocket

こんにちは、横浜246店のソンです!

 

 

配管や水回りの整備、または複雑な機械の中を整備する時に、内部の状況を確認したい時はありますよね。簡単に内部が確認出来る場合はいいですが、内部が狭かったり、周りの部品を全て外す必要があったりと、内部を確認するためだけなのに、時間がかかる箇所が少なくありません。

 

その問題を解決したのが、エンドスコープカメラでした。最近はスマホやタブレットで使える機種も多くなって、値段も安くなっています。今日は横浜店で販売しているWifiスコープカメラ(FSC130)を実際使ってみました。

Wifiスコープカメラ FSC130

icon

箱を開けると

IMG_0168

中身はシンプルです。付属品として説明書、そしてエンドスコープ本体とアクセサリーが付いてきます。アクセサリーはマグネット、フック、ミラーのヘッド三つのタイプがあります。

IMG_0175

ケーブルは結構自由に曲げることが出来ます。実際作業中に使う場合複雑な形で侵入させる必要があったりすることも多いので、変形に自由度が高いのは良いですよね。

IMG_0174IMG_0176

カメラの周囲にLEDチップが内蔵されていて、LEDの明るさを調節したり、完全に消したりもできます。

IMG_0169

スマホやパソコンを使ってスコープカメラを利用するため、アプリのダウンロードは必須です。パッケージにはIOS、Android、Windows、Mac対応と記載されていますが、今回はiPhoneのIOSバージョンです。

アプリストアで「HD scope」を検索し、ダウンロードとインストールを行います。ちなみに説明書にQRコードが記載されていますのでこれをスキャンしてダウンロードすることもできます。

IMG_0170

WIFIデバイスとスコープカメラを繋いで電源を入れて、緑のランプが点滅すると正常に動作しているということです。

IMG_0171

今度はスマホをwifiでカメラに繋ぎます。Wifi名「HD scope」を探して接続します。

IMG_0172

接続成功すると、いよいよカメラを起動します!HD scopeアプリを起動して「Play」をクリックするとカメラからの映像がスマホの画面に映ります。

IMG_0173

画面下部で静止画撮影、動画撮影や他の設定を変更することが出来ます。画素数は「200万」。結構キレイに移りますので、スコープカメラとしては十分と感じます。

 

あると便利なスコープカメラ。狭く、暗い場所でも仕事をしてくれます。

仕事だけではなく、いろんなところで活躍できそうですね。

気になる方は是非チェックしてみてください!

 

Wifiスコープカメラ

仕様:

ケーブル長:3.5m
カメラ視野角:70度
画素数:200
レンズ直径:8mm
焦点距離:40~60mm
バッテリー容量:800mAh
IP68防水
先端LEDライト付き
マグネット、フック、ミラーのヘッドが付属しています。

 

IMG_4485  

 

孫 維 (ソン イ)

所属:横浜246店

経歴:2018年ファクトリーギア入社。横浜246店

好きな工具ブランド:PB

趣味:スポーツ観戦(野球・バスケ・競馬)

RELATEDPOSTS関連記事