ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

店舗ブログ 2018.11.17

次世代トルク管理ツール

POSTED BY カナイワ

LINEで送る
Pocket

ファクトリーギア仙台店のカナイワです。

 

仙台1年目の私ですが、日々の寒さに動揺しています。

帰ったらまず、暖房。毛布が恋人。暖房のお陰で肌の乾燥がすさまじいので、今一番欲しいものは加湿器です。

 

 

さて、先月、コンセプトスタジオTOKYOのブログでも、KTCの新商品の”TORQULE”の発売開始の発表がありました。

アイキャッチ

「工具がつながる」「未来が変わる」「世界を変える」というKTCさんのうたい文句があり、個人的にも「そこまで言うなら使ってみたい!!」ということで、もうかれこれ10年くらい(?)ファクトリーギアがお世話になっている営業担当さんで、現在は仙台の担当をしていただいている○橋さんに実機を持ってきて頂き、実際に使いながらご紹介をして頂きました。

 

ですので、本日はそのレビューをしていきたいと思います。

 

 

私が感じた特徴は大きく分けて3つ

①新たな工具は不要。手持ちの工具がデジタルトルクレンチに大変身

②iOS/Android対応のアプリ(無料)を使い、作業履歴の確認や自分の工具を使うときのクセまで分かる

③トルクルが(意外と)コンパクト軽かった。

 

まずは、スペックをチェックします

品名 品番 差込 高さ (mm) 重量(g) 測定範囲 最小表示単位
トルクル10N/m GNA010-02 6.3sq 71.5 130 2~10 0.1N/m
トルクル80N/m GNA080-03 9.5sq 75 160 8~80 0.1N/m
トルクル200N/m GNA200-04 12.7sq 83 210 40~200 0.1N/m

■測定精度・・・±4%  ■測定方向・・・右ねじのみ  ■電源・・・充電式リチウムポリマー電池

■通信方法・・・Bluetooth4.1  ■付属品・・・USBケーブル

■使用アプリ・・・TRASAS Admin(無料)(iOS/Android対応)

 

実際に手にとってみると、「思ったよりコンパクトで軽い!」というのが第一印象でした。

大きさのイメージとしては、30mmくらいのソケットと同じくらいの大きさかなと思います。

IMG_6798

 

使い方としては、

①スマホやタブレットでアプリを起動(スマートウォッチでもOK)

IMG_6801

営業さんのタブレットが綺麗すぎで結構反射しちゃってますね・・・スミマセン・・。

 

②トルクルの電源を入れて、Bluetoothで繋げる

2秒程度長押しでペアリング開始です。(120秒でペアリング完了です)

IMG_6802

③タブレットにてトルク調整をして、いざ作業開始。

IMG_6803

 

今回は、10N/mに設定して使ってみました。

トルクをかけていくと、画面上の数値が上がっていき、「今それくらいのトルクがかかっているか」がハッキリと分かります。

IMG_6804

 

±4%の範囲内にはいってくると、画面全体が緑色に変化。

そして、音+振動でも「指定トルク範囲に入ってまっせー」と京都弁では無いですが、お知らせをしてくれます。

IMG_6805  IMG_6806

 

さらに+4%を超えると、アラーム音+振動が鳴り、オーバートルクを知らせてくれる機能もついております。

IMG_6808

IMG_6807

 

と、こんな具合で、ここまではデジタルトルクレンチと同じような使い方ではありますが、

お手持ちの工具で作業ができる

というのが従来のトルクレンチと大きく違う点なので、メリットに感じる方も多いのではないでしょうか。

IMG_6800IMG_6810IMG_6811

 

こんな方にオススメ

◎高品質のトルクレンチ(プリセットやデジタル含む)を検討しているが、価格面で手が出しにくい状況の方

こちらのトルクルは3種類全て価格は同じで、メーカー定価は¥29,800(抜)です。

比較として、KTCのデジタルトルクレンチの40~200N/mのものでもメーカー定価が¥47,000ですので、価格的なメリットも大きいのではないのでしょうか。

 

◎トルクレンチの持ち運びが多い方

トルクレンチは一定の長さ・大きさなので、持ち運びのときに「大きいなぁ」「ちょっと邪魔だなぁ」と感じている方もいらっしゃると思います。

収納時も小さな工具箱にも入る大きさなので、持ち運びや収納時にストレスを感じることがなくなります。

 

◎作業履歴を管理したい方

このように、毎回の作業履歴を残ことが可能です。

PCやタブレット内のメモ帳やエクセルにも履歴を落としてデータ化可能、日々の作業履歴として保存していく事もできます。

社内の作業レベルの向上・管理にも一役買えそうです

IMG_6815

社会全体でも作業従事者や働き方の多様化により、作業の効率化が求められる中で、モノとインターネットを繋ぐ(IoT化)事で改善を図る企業も増えており、作業の標準化というのも至上命題になってきていると思います。

 

まぁ、、そのようなちょっと難しいことは置いておいても、これは中々画期的で、スマートで、便利な機器ではないでしょうか!

KTC

 

購入やお問い合わせはファクトリーギア各店へお願い致します!

この記事を書いたスタッフ

あづま顔写真

 

 

金岩政暢(かないわ まさのぶ)

所属:仙台店(石川県金沢市出身)

経歴:2015年にファクトリーギア入社。その後はすぐに横浜246店に3年間勤務。沢山の大切なお客様とのお別れが非常に寂しかったですが、2018年5月より仙台店で店長として勤務しています。東北唯一の上質工具専門ショップとして、いつ来てもワクワクするお店を目指していきます!!

好きな工具ブランド:DEEN KTC!!

RELATEDPOSTS関連記事