ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

BRAND(メーカー)HOW TONEWSイチオシ店舗ブログ新商品 2018.9.23

2018年下半期のニューカマーHAZETwithDEEN

POSTED BY シーサー

LINEで送る
Pocket

こんばんはファクトリーギア博多店の元気印シーサーこと崎浜です。

本日は、ついに日本へやってきたHAZET(ハゼット)トルクレンチをご紹介です。

dntq200-hz_1

より良いトルクレンチ完成のため打ち合わせに打ち合わせを重ねてできたこのトルクレンチ
Made by HAZETによるDEENbyHAZETとのコラボバージョンです。

本日はまだ明かされていないを特徴紹を介をしていきます。

脱着可能なトルクレンチヘッド

image13image2

DEENトルクレンチヘッドの特徴を踏襲したDEENbyHAZETのトルクレンチは本体同様シルバーで統一されたプッシュリリース付(72枚ギア)1/2差込。

image5image4

切り替えレバーは5つの窪みがあり親指と人差し指で摘まんで切り替えられ、使い慣れてくると親指一本でチェンジできる玄人もいらっしゃいますよ。

image3image12

本体内側の側面先端にはラチェットヘッドを取り外す際に押し込むピンがあり素早く脱着が可能です。

トルク設定方法はというと

僕は右利きなので本体を左手で押さえます。

image7image6

右手でロック(ブルーの部分)を解除し根元のハンドル部分を時計回りにまわすと10Nmごとにメモリが変わります。

image10

さらに1Nmごとに設定もできるように「小窓」があり指示書に載っていたりする細かい数値を調整できたりします。HAZETから展開しているトルクレンチの中でもこの小窓が付いているタイプは数本しかありません。その小窓機能が内蔵されているので設定トルク値がはっきり見やすくなりました。

機能美の追求

回してみて感じたのですがドイツ工具にはやっぱり機能美があふれていますね。
単にデザインと思っていた凹凸模様が実は各々滑り止めの役割を果たしていたりと実用的です。

image11

ロック切替部分の縦溝は指がフィットします。

image9

保持するハンドルは手のひらが当たる部分に凹凸があり

image8

エンド部分は野球のバットのような小指が引っかかるところがありすっぽ抜けを防いでくれます。

HAZETのコンビネーションレンチ(ハンドツール)と共通しているところがありますね。

image15

この数字やロゴの凹凸もノンスリップ機能なので実際に使うと納得です。

image14
使い易さを追求した結果がデザインのように見えてしまうドイツ工具にどっぷりハマりそうです。

そんなDEENbyHAZETトルクレンチの仕様範囲は40Nm-200Nmなのでこれからのタイヤ交換シーズンに重宝しそうです。使うと感じるMade in Germanyにますます惚れてしまいそうです。

ファクトリーギア各店にてご案内中です。

取り扱い説明

トルク調整範囲:40~200Nm
サブ目盛:1Nm単位
精度:±3%
全長:530mm(ヘッド含む)
差し込み:1/2SQ
逆ネジ測定:ヘッドを差し替える事で可能
Made in Germany

 

☆博多店のLINE

LINEは上記の友達追加ボタンをクリック♪

友だち追加数

Facebook,twitter→ファクトリーギア博多店で検索してみてくださいね☆

九州エリアのお客様と店頭でお会いできるのを楽しみにしています。
どうぞ宜しくお願い致します。

この記事を書いたスタッフ

image1 崎浜 秀太(サキハマ シュウタ)

所属:ファクトリーギア博多店の元気印。

店舗歴:関東エリア→関西エリア→九州エリア

出身地:沖縄

好きな食べ物:麺類

資格:小型船舶1級、特殊小型船舶(ジェットスキー)

 

RELATEDPOSTS関連記事