ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

HOW TO 2018.7.26

ブルーバード再生計画 #16【徹底解剖】1961年製ブルーバードエンジン

POSTED BY Factory Gear

LINEで送る
Pocket

今回は、

ブルーバードくんのエンジンを徹底解剖しました!

(はい、正確には徹底解剖してもらいました。古賀さんいつもありがとうございます…)

 

ちなみに徹底解剖してもらったのは、ドナーのエンジンではなく、

もともと載っていたエンジンのほうです。

 

この子です⇓(『ブルーバード再生計画#5 エンジンルーム洗浄』より)

S__10338323

 

 

分解&洗浄までしてくださいました!(ガレージボンバーさんありがとうございます!)

S__68042769

IMG_0677 S__68042767
S__68042768 IMG_0680
S__68042771 S__68042772

S__68042765

※トランスミッションも。

 

いろいろなカタチ、役割のパーツの集合体、

エンジン。

もしよろしければそれぞれパーツを拡大してご覧になってみてください。

 

味わい深いでしょう?

いっけん変なカタチに見えるパーツも、そのカタチに意味があり、

重要な役割を担っている。

そういうパーツたちがいくつも集まって、クルマを走らせている。

「ロマン」

ですねえ。

 

まだまだこれから、

着実に一歩一歩、ブルーバードくんの公道デビューの日は近づいておりますので、

ご期待くださいませ~♪


RELATEDPOSTS関連記事