ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

HOW TO 2018.6.29

ブルーバード再生計画 #12ドナーエンジンおろし

POSTED BY Factory Gear

LINEで送る
Pocket

ドナーのエンジンの方が調子が良い!

ということで移植するためにドナーのエンジンをおろす作業を行います!

前回エンジンおろしはガレージボンバー古賀さんがしてくれたので、ドナーのエンジンはファクトリーギアスタッフでおろすことに!

 

・・・とはいっても結果、天候の関係で予定日が変更になり、、花房(横浜246店)1人でのチャレンジに・・

 

というわけで本日は花房が担当いたします!

 

33372

『エンジンをおろす』と言えば、そう【エンジンクレーン】ですよね。

 

やはり重たいエンジンを吊れるクレーンだけあって、かなり剛健なつくりです。

重たいです。

移動するだけで大変です。

折り畳まれた足部を伸ばすのはもっと大変です。

だのに、今日も少人数制・・・。

 

良いさ!

かわいいブルーバードくんがいるもんっ!!

33373

ということでガレージボンバー古賀さんに教えてもらいながら、

エンジンマウントを固定しているボルトを外してゆきました。

 

そして、

33374

いよいよエンジンを吊るしあげるときがやってまいりました!

 

いざ!エンジンおろし!!

33375

いざっ!!

33376

・・・・・・。

んっ?

 

33377

あっ!!

外し忘れていたボルト発見っ!!

古賀さんゴメンナサイ、、、すぐに外しますっ!!

 

最後のボルトを外したら、

 

33381

上がりました!(おおっ!)

 

 

33382

上がりましたっ!!(おおおっ!)

 

33384

おりました♪♪

 

33385

今にも動き出しそうな息づかいを感じさせるエンジンです♪

(※こうやって写真をじっと眺めていると、アイドリング音が聞こえてくるような気がしないでもないような、耳鳴りのような感じがしますね。気のせいですね。)

 

がっしりとした【エンジンクレーン】は、片付けもなかなか大変でした。

33386

 

いやーしかし【エンジンクレーン】は頼もしいですね。

欲しくなっちゃいました♪

 

なにはともあれ、

『エンジンおろし』完了いたしました!

 

また1歩、着実に『ブルーバードが走る日』に近づきました。

楽しみですね、エヘヘ(いろいろ妄想中)。

 

それではまた近いうちに♪

RELATEDPOSTS関連記事