ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

新商品 2017.7.1

WIHAの新商品「レンチプライヤー」徹底レビュー!

POSTED BY いえむ~

LINEで送る
Pocket

最新工具情報でも発表されていた、ドイツのプライヤー・ドライバーメーカーWIHAの新商品、レンチプライヤー。
WH-WP250-1 WH-WP250-2 (1)

【新商品】Wiha レンチプライヤー250mm

モンキーレンチ、スパナ、プライヤーの機能を合わせ持ち
グリップ形状と250mmの全長がもたらすテコの原理で、握った力の約10倍の力を先端にかける事が出来る便利な工具です。

IMG_20170630_122104
アイテムが柏店にも入荷してまいりましたので、
私いえむ~が早速レビューしてみます!

KNIPEXの「プライヤーレンチ」と何が違うの?

IMG_20170630_123654
工具についてよく知っている人なら、この工具を見た瞬間、
KNIPEXの「プライヤーレンチ」を思い浮かべた方も多いんじゃないでしょうか。
IMG_20170630_122305
「プライヤーレンチ」「レンチプライヤー」・・・
並べてみても、正直かなりよく似ています。
どちらも、様々な大きさのナットをしっかり掴んで早回しできる、モンキーレンチの進化版のような工具。
では一体、何が違うのか?見ていきましょう!

①クイック調整ができる!

KNIPEXのプライヤーレンチは、ボタンを押してサイズを調整しますが、
CM170630-124941003
WIHAのレンチプライヤーはボタンがなく、そのままスライドさせてサイズ調整可能です。
作業スピードの向上が期待できるのはもちろんのこと、
ハンドルの先を持ったまま調整できるので、狭い箇所での使用にも適していると言えるでしょう。
動画のように、握りを緩めれば先端が少し開くので、ラチェットのように早回しできるのがとても便利です。

②ボタンが無い分、スリム!

IMG_20170630_122443IMG_20170630_122724
KNIPEXのプライヤーレンチはボタンの分だけ飛び出ているので、
スリムさではWIHAに軍配が上がります。
IMG_20170630_122816IMG_20170630_122913
また、開いた時にわかるのですが、
ヘッド部分もボタン構造がない分短くなっています。
重ねてみると、よくわかります。

③持った時の重さは?

2つを持ち比べた時の重さの違いは、どちらが重いのか分からないレベルです。
そこで、実際に量ってみました。
IMG_20170630_114757IMG_20170630_114825
KNIPEX 538.4㌘
WIHA 568.2㌘
ほとんど同じ程度ですが、若干WIHAの方が重いという結果になりました。
この違いが、強度などにも繋がってくるのか?
現状入ってきたばかりなので何とも言えないですが、とても気になるところですね。

ファクトリーギア各店でご覧いただけます!

いかがだったでしょうか?
まとめますと・・・
・ボタンを押して調整したい方、サイズにバリエーションを求める方、シルバーのメッキの質感が好きな方はKNIPEX
・ボタンを押さずスライド調整したい方、よりスリムさを求める方、黒い無骨な質感が好きな方はWIHA
がオススメかな?と思います。
IMG_20170630_123734
①モンキーレンチのように様々なサイズのボルト・ナットを、
②プライヤーのようにガッチリ掴んで回すことができ、
③しかもラチェットのように早回しができる!
本当に便利な工具です!
KNIPEXプライヤーレンチ
も、新商品のWIHAレンチプライヤーも、
ファクトリーギア各店で実際に手に取って見ることができますので、
是非一度、チェックしに来てみて下さい!

つかむ・締める・曲げるこれ一本!

RELATEDPOSTS関連記事