ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

HOW TO 2016.3.13

外れないネジはどうしましょう。

POSTED BY usui

LINEで送る
Pocket

4月1日からナンバープレートの表示基準が厳しくなるので、規則に合わせた仕様変更を行ったusuiです。

20160209-10239003-carview-000-1-view

今までは、「番号を見やすいように表示しなければならない」という曖昧な表現だったのですが、

取り付け角度やフレーム許容サイズ、ボルトカバーなどが数値で明確化、ナンバープレートカバーの装着は無色透明のものも含め、全面的に禁止。またオートバイでナンバープレートを折り曲げ、見えづらくしている車両も違反で切符切られるように変更。

僕の愛車も見事にこの規制に引っ掛かってしまいました。

DSC_0958

ナンバーを縦にして装着するのは違反になります。

早速、作業スタート。ナンバー自体は2本のボルトを外すだけ。

次にベースプレートを留めているビスを外そうとしましたが、ビクともせず...さてどうしましょう。

赤いネジ止剤がちょこっと見えるので、高強度タイプのネジ止剤を使ってあるみたいです。

(納車前にショップに作業依頼したので内容分からず)

バーナーで炙って外すのが正しい外し方。

DSC_0959

バーナーは持っていないので、インパクトドライバーで、ガンガン叩いて外そうとするも、外れる気配は無し....

DSC_0961

次は充電式インパクトドライバーでチャレンジするも返り討ちに合い、振動で手首が変になりました。

最後の手段は、ちょいと荒業ですが、ドリルでやっつけちゃいました。ドリル最強!

DSC_0969

少々手荒い作業内容となってしまいましたが、完成形はコチラ。

一応、合法仕様となりました。

DSC_0970

車体との間隔が空いてしまったので、次回はサイドナンバー仕様を止めて、リアフェンダー中央に移動しようと思います。

インパクトドライバーで一生懸命叩いて、画像撮るのを忘れてしまった今回の作業。

次回はもうちょっと、作業風景を細目に撮影しておこうと反省しております。

今回の作業で使用した工具は

・10mmコンビネーションレンチ(ナンバーを留めているボルト外し)

DNC-14SS

・インパクトドライバー(DND-160imp

dnd-160imp

・PBショックレスハンマー(300-4

PB_300-x

・充電インパクトドライバーはRYOBI製(古いモデルで画像がありません)

・電動ドリルは家に転がっていたもの。

休みの日はバイクに乗っているか、こんなDIY作業を楽しんでいるusuiでした。

 

 

 

RELATEDPOSTS関連記事