★工具屋てっちゃんの工具ブログ!

工具は、使いやすさや機能を追求した芸術品!そんな大好きな工具のことから 日々の出来事や感じた事を書いてます!!

好きなのを選べばいいんです!

   

Pocket
LINEで送る

 

こんにちは、工具屋てっちゃんことファクトリーギアの澤山です。

工具って安物から高いモノまでいろいろあります。
工具に限らず、ファッションでも車でも、いろんなモノがそうですよね、それぞれにブランドがあったりして、そんなブランドに憧れもあります。
僕のお店にもブランドの工具がいっぱいあります、だからホームセンターなどで売っている工具に比べればちょっと高いです。
だからでしょうか?たまに、「こんないい工具、趣味で使うにはもったいないです・・・」って言うお客さんがいます。

まあ、断り文句だとするならそれはいいですが、たまに本気で遠慮しているお客さんがいます。
だから、僕はいいます。
「趣味で使うからこそ自分の好きなのを選んだ方がいいですよ!」って・・・。

IMG_3537
だって、趣味じゃないですか、自分の好きな工具を使う時間を楽しむんですよね、そんな時に本当に欲しかった工具と違う工具を使っていて楽しいのか?ってことです。
妥協して買われた工具も可哀想・・・。

ファッションならば似合う似合わないってあるけど、工具に似合わないとかっていう感覚はないと思いますし、オーバースペックとかは、いい工具に助けられるってこともありますから逆にいいと思います。

もちろん、作業性重視という場合もありますので、これが全てではありませんが、自分だけの楽しい時間ですから、人になんと言われようと自分の好きな工具を使うのが一番いいと思うんですよね。

好きな工具を使う事によって、それがお気に入りとなり、いろんな思い出が刻まれ、かけがえのない工具となるんですもんね。

でも、プロは違います。
お仕事ですから、目の前のボルトを緩められなければどんなに高い工具でも使えません。逆に安かろうが何だろうが、仕事を進めるのに必要ならば大事な工具です。

お仕事、趣味、それぞれで違いますが、趣味で工具を選ぶ時は、作業性重視でもいいけど、好きなブランド、好きな形、フィーリングなど自分の基準や感覚で選ぶのがいいですよ。

ファッションは似合い似合わないっていうのがある
車はパワーがありすぎると乗りこなせないっていうのがある
スポーツ用品のプロ用は使いこなせないっていうのがある。

でも工具にはそういったモノはないんです。
逆にプロ用の高い工具の方が使い易いんです。

僕はどちらかというと形から入る方なので、形から入る人の気持はよく分かります!
工具は、好きなのを選びましょう!
その方が楽しいですよ!
僕はそう思います。

 

The following two tabs change content below.
澤山 哲也
工具屋に生まれ小さい頃から工具に囲まれて育ち、父の会社を手伝ってる時にお客さんと接する楽しさ、工具を使う人の環境に興味を持つ、当時のモーターショーで見たsnap-onの工具の美しさと迫力に衝撃を受けて、こんなカッコイイ工具を販売したいとファクトリーギアのFC店として豊橋店をオープンし、現在は全国13店舗、海外3店舗で上質工具を販売するファクトリーギアの社員として豊橋店店長兼中部・東関東エリアのエリアマネージャーを勤めています

 - 工具で思うこと ,