ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

2018.1.13

ディッキーズのワークウェアを着て走ってみました!inママチャリGP2018

POSTED BY あづま

LINEで送る
Pocket

先日富士スピードウェイでママチャリGP2018にファクトリーギアの戦士として参加してきました。

その時に今販売しているディッキーズの防風ジャケットインナーを着て走ったので、お約束通りレビューを書きます。

 

率直な感想をいうと予想よりすごくて、コスパが良かったという感じです。

細かくお伝えすると、

1、防風の性能は抜群!(防風ジャケット)

2、動きやすい(どちらも)

3、作業服としておすすめ

4、ママチャリGPでも活躍

 

使用した環境としては、

スピードウェイの当日の気温は5℃(くらいだったと思います。ちゃんとメモするの忘れました。。)

走行時はジャケットを脱ぎ、待機中にジャケットを着るというスタイルで参戦。

ママチャリGP2018あづまユニホームママチャリGP2018走行ユニホーム

 

1、防風の性能は抜群!

性能の説明の前に、今回ロゴを入れたのでその紹介から。

ロゴ小さい

こんな感じで入りました。

 

…ロゴ小さくなってない??

まぁ細かい事は置いといて、

レース前は風が強く、日も出ていなかったのでめちゃくちゃ寒かったのですが、ジャケットを着ていると風は全く通りませんでした。しかし、気温が0℃近かったので中に着こまないと流石に寒かったです。ディッキーズのインナー、DEENのTシャツ、ディッキーズジャケットだけでは寒かったので、Tシャツとジャケットの間にユニ〇ロのウルトラライトダウン(ベストタイプ)を着て暖かさを保ちました。

ママチャリGP2018待機時ユニホーム

 

中を暖かくさえすれば防風の性能は抜群でした。

あ、ちなみに僕が着たのはMサイズでした。(身長176cm、体重63Kg)

 

 

2、動きやすい

ジャケットはとにかくストレッチが利いているので、ストレスなく動き回れます。順番待ちのウォームアップは着たままやっても腕の可動域を邪魔する事はありませんでした。

インナーは想定通りピタッとしっかり密着し、適度な締め付け感で動きをサポートしてくれました。Mサイズを着用しました。

汗もすぐに吸収、ニオイもしなかった(はず)です。

1周約5キロのコースを全力でこぎ、トータルで4周したので、とんでもない筋肉痛を予想していたのですが、これのおかげ(?)かほとんど筋肉痛になりませんでした。

ママチャリGP走行時インナー

※写真は西日が強すぎて、危険だった為自主規制をかけています。

 

3、作業服としておすすめ

当たり前なのですが、元々作業服として開発されている商品なので、作業服としておすすめです。

ただ、ディッキーズのワークウェアはこういったレースに出るときに着ていても、いわゆる作業服感が全くなく、スタイリッシュに着用できます。

ジャケットは特に冬の作業中の上着としておすすめです!

 

 

 

4、ママチャリGPでも活躍

今回ユニホームとして採用した事ももちろんありますが、全スタッフ愛用していました。

ママチャリGP2018ピットイン

※一番左は次の走者、そこから右側がお出迎えスタッフ。

ママチャリGP2018自体はスタッフ一丸となり1063チーム中40位という好成績!

待機中はこたつを持ち込み、鍋などをやりながらワイワイ楽しんでいました。

たまたま友達も参戦していて、そのチームから差し入れで特大のお肉もいただきました(笑)

ママチャリGP2018差し入れ

 

来年も好成績目指して頑張って行きたいと思います!

 

RELATEDPOSTS関連記事