ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

再入荷 2017.1.30

「究極」の名前のニッパー

POSTED BY Concept Studio

LINEで送る
Pocket

皆様はご存知でしょうか。
模型業界ではとーっても話題の商品にも拘らず、店頭に並んでいる事は殆ど無し。
購入を諦めているお客様も多く、
「本当に買えるの?」と思われてしまう程の幻の商品。
そんな幻のニッパーが入荷して参りましたのでご紹介いたします。

IMG_2289
ゴッドハンド アルティメットニッパー

 

商品名に「究極」なんて付けてしまう程の自信作。
しかしながら、その名前を裏付ける程の人気が有るのは本当のお話。
まず冒頭で紹介しましたが、「店頭に並んでいる事は殆ど無い」のは何でか?
これにはいくつか理由が有ります。

 

①刃付けが芸術レベル

IMG_2288
アルティメットニッパーは片刃構造。模型専用なので、切れる物は樹脂オンリー。
ですが、その尖った機能性故か、使用したお客様からは、
「色々なプラニッパーを試したが、このニッパーを超える切れ味は無かった」
とお話を頂く程。
その驚異の切れ味を出す為には、熟年の刃付け職人の匠の技が必要不可欠なのですが、
その刃付け職人さんが日本にナント2名しかいらっしゃらないんです。
妥協を許さない姿勢もあり、需要と供給が中々マッチング出来ないという訳です。

 

②即買いのお客様が多い

①でも触れました通り、中々大量生産が出来ないこのニッパー。
しかしながら、欲しい人は後を絶ちません。
更に、そんな中々買えない状況が長引く事で、欲しくなっちゃう日本人のサガも相まって、
ショップに並んでいたり、通販で「在庫有り」の表記がされている場合、
悩む事無く即買いしてしまうユーザーさんが後を絶たないのです。

 

③販売したい販売店が多い

そんな理由から、多数の問い合わせやご予約が販売店に寄せられます。
製造ロットが限られている訳ですので、そこは公平に順番に販売店に入荷するわけですが、
ご予約のお客様の手に渡るので一杯一杯。
結果店頭に並ばず、またご予約を承る。そうしてまた次の入荷までの予約分が膨れ上がり、結果として店頭に並ばない。
その販売店としては嬉しい悪循環の為、お店に並ぶ事は本当に超極稀なんです。

 

そしてそんなニッパーが、今なら奇跡的にファクトリーギアの店頭に並んでいます!

※2017年1月30日現在の状況です。

文字が多くなってしまいました。ここからは商品のスペックのご紹介を。

IMG_2292
刃は綺麗なフラットカット。
メーカーさんのHPにも詳しく記載されていますが、ゲートの切断面がダントツで綺麗です。

IMG_2296
IMG_2294
(写真ではこれが限界です。。。)
美しい切断面は、片刃だからこそ。
アルティメットニッパーの刃は、片側が「まな板刃」といわれる刃を採用しています。
いわゆる、鋭い方の刃を受ける為の、名前の通りのまな板の役割をしている刃の部分なのですが、
その刃合わせの精度と絶妙な合わせ方が芸術的。
そして、そんな刃の構造をしていますので、落下やスペックオーバーの部材を切断しようとすれば
一発で刃が欠けてしまったり折れてしまったりします。
これはメーカーさんも私用上一番気を付けてもらいたいポイントの一つとして上げています。
アルティメットニッパーは、強くありません!!」と。

 

しかしながら、そんな尖った性能だからこそ得られた納得の切れ味。
今なら実物が見れますので、是非♪

LINEでお友達登録をして下さった方には、
特価品情報や最新工具情報をイチ早くお届けしております!
友だち追加

RELATEDPOSTS関連記事