ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

店舗ブログ 2017.4.9

ソケットをまとめ買い。

POSTED BY ギョートク

LINEで送る
Pocket

こんにちは。博多店のギョートクです。

4月になりましたね。

通勤しているときに神社の前を通るんですが、ふと目線を上げると桜が満開でした。

余りの迫力に写真を撮る事を忘れてしまいました。

 

次回登場するまでには綺麗な桜の写真を撮影したいと思います!

 

さて、そうなギョートクが本日ご案内する商品はこちら!

 

2

 

ko-ken Z-EALのラインナップより

3/8SQ シャロー&ディープ混合ソケットセット(RS3X00MZ/15FG)

をご紹介いたします!

なんとこちらのセットファクトリーギア限定なんです‼

バラだと¥15,430ですが、ファクトリーギアだと、、、なんと、、、お問い合わせください!

 

 

そもそもZ-EALとは?と改めて考えてみました。

調べてみると

 

ZEALとは【熱心/熱意/情熱】といった意味があるそうです。

ソケット専門メーカーの本気といったところでしょうか。

意気込みをアツアツと感じますね

 

Z-EALシリーズには様々なコダワリがあります!

 

・コンパクトさの追求

狭い場所へのアクセスを考え、コンパクトさを求めています。

さらにソケットの外径にも薄肉差を追及しているそうです。

 

3

 

左側より

3400MZ-10(ko-ken Z-EAL)

DNB3-10(DEEN)

NB3-10(nepros)

FSM101(Snap-on)

3400M-10(ko-ken)

です。

今回は10mmで揃えてみました。

 

・抜群のフィット感

ソケットの開口部分のサイズにも通常は規定値があるそうです。

ただ、この規定値のままだとボルトナットの2面幅に対してクリアランスが大きくなってしまうそうです。

そこでZ-EALシリーズはこの基準値よりも小さく設定をすることによりボルトナットに対するガタツキをすくなくしています。

また、ソケットの先端部分のザグリを小さくすることにより頭の低いボルトにも朝係しにくくなっています。

 

5

 

・接合部分(スクエア部分)の精度向上

 

また、ボルトナットとへのこだわりだけではありません!

実はスクエア部分にもこだわりがあります

差込部分の窪みの形を工夫する事によりジョイント部分のガタツキを少なくしています

 

4

 

写真手前がko-kenセット、奥がZ-EALで組んだものになっています。

 

今回ご紹介したセットだけではなくファクトリーギア各店ではko-kenブランドの商品を幅広く扱っていますので是非お店で手に取ってみてください!

 

☆博多店のSNS強化中です(`・ω・´)ゞ☆

LINEは上記の友達追加ボタンをクリック♪

友だち追加数

Facebook,twitter→ファクトリーギア博多店で検索してみてくださいね☆

 

 

RELATEDPOSTS関連記事