ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

HOW TO 2017.10.28

時計のベルト調整を自宅で。

POSTED BY シマサキ

LINEで送る
Pocket

10月も残すところあとわずか・・・。この時期になるとワクワクするシマサキです(^^♪

そう‼ついに‼糸島の牡蠣小屋がオープンするんですもん((((oノ´3`)ノ

DSC_0387

もうオープンしているところもありますが、私が毎年行くお店は11月からで・・・。

11月に入ったら早速行く予定にしております♪

楽しみ・・・。焼き牡蠣♪♪♪

 

さてさて、本日のブログはお問い合わせの多いこちらの商品

時計用バンドピン抜き3本組み

DSC_2095

先日、新商品情報でもアップさせていただいた商品です。

【新入荷】ANEX 時計用バンドピン抜きセット

沢山のお客様から「時計のベルト調整用の工具ないですか?」とお問い合わせいただいてたんですが

なかなか見つけられず・・・。

やっとANEXさんが出してくれました☆

 

こちらの商品を使う時は

DSC_2098

ANEX ミニバイス35と

【新入荷】ANEX ミニバイス35

DSC_2100

ミニハンマー(お店にあったのはKTC)

 

この3つがあるととっても便利。

 

このピン抜きで調整できるのはパッケージのイラストにもある

DSC_2096

割りピン式とCリング式だけになります。叩き出しという方法で調節できるものですね。

ブランドによってはネジ式になっていてマイナスドライバーを使うものもありますので

まずお手持ちの時計を確認してみてくださいね。

 

今回は一番オーソドックスな割りピンタイプのサイズ調整をシマサキが実践してみます‼

と思ったら自宅にサイズ調節できる時計がない・・・。

ちょこっとイラストでご説明したいと思います・・・。(絵心ないけどお許しください)

 

まず、ベルト部分をよく観察してください。

片方が〇になってて、反対側は〇に線が入っていると思います。

21333

こんな感じ。

これピンを使って叩ける方向が決まっているんですが

〇側からピンを使って叩いて出していきます。

パッケージの裏に分かりやすい解説があったのでこちらの画像を元にご説明します。

DSC_2097

ミニバイスに〇側を上にして固定します。

DSC_2099

あっ、このミニバイスゴムプレートが付いていて時計を傷つけにくくていい感じ。

固定したらベルトのピンの大きさにあったピン抜きを使って

ミニハンマーでコンコンと叩いていきます。コツは垂直に叩く事‼

力が逃げるとピンが曲がったり、抜けなくなったりします。

DSC_2102

時計の文字盤が重たくてバランスとれない時は文字盤の下にウエスなどで

座布団を作ってあげると作業しやすいですよ♪

ベルトの大きさによってはピン抜きの長さよりピンの方が長い事もあります。

ある程度叩き出したら反対側から引き抜いてあげてください。

調節したい長さ分コマを抜いたらピンを元に戻します。

ピンをある程度コマに刺したら今度は抜く時と反対で〇に線が入っている方を

ミニハンマーでコンコン叩いていきます。

この時、ゴムヘッドとかプラスチックヘッド側を使ってくださいね。

誤って時計を叩いてしまったら大変なので・・・。

 

説明するとなんだか難しく感じますが慣れてしまえばとっても簡単です。

機会がありましたら動画をアップさせていただきたいと思います|д゚)

 

summer2016_705x150

 

 

 

 

 

NEWオンランインストアがオープンしました‼

掲載商品は何と30万アイテム以上!!

店頭にない商品もたくさん、じっくりご覧いただけます♪

お家でゆっくり物色して、お店でご注文。なんてことも受け付けてますので

スタッフまでお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

☆博多店のSNS強化中です(`・ω・´)ゞ☆

LINEは上記の友達追加ボタンをクリック♪

友だち追加数

Facebook,twitter→ファクトリーギア博多店で検索してみてくださいね☆

RELATEDPOSTS関連記事