ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

SALE新商品 2018.8.11

新ボッシュのレーザー距離計

POSTED BY フジワラ

LINEで送る
Pocket

こんばんは、さいたま店からお久しぶりのフジワラです。

突然ですがセブンイレブンの”銀座デリー監修タンドリーチキン風カレー”食べました?

ここさいたま店はセブンイレブンが近いので、よく昼食を買いに行くのですが、

今日はなんだかカレー気分で迷わずそのカレーを買いました。

。。。。。。。。。。。
めっちゃうまいです!是非お試しあれ!(いろいろ長くなりそうなので割愛しました。)

 

 

さて、今日は新しく登場したボッシュのレーザー距離計のご紹介です。

大決算セールチラシにも載っています、これ!
(大決算セールチラシはもうお店にありますのでよかったらもらって行ってくださいね〜)

 

ボッシュ データー転送レーザー距離計 GLM 150C

 

以前もバーゲンチラシに載ってかなり大人気だったボッシュのレーザー距離計が
かなり進化して再び登場です!

 

大画面液晶

この距離計、本体をパッとみてわかるように一番大きく進化した点は、

何と言ってもこの大きな液晶画面!

IMG_2511

レーザーの照射口の所にカメラを搭載し、大きくなった液晶画面に映し出します。
これによって屋外の昼間なんかはどこにレーザーが当たっているかわからない場合でも、
この画面を見ながら作業をすれば目標点がすぐにわかります。

 

さらに、このカメラは最大8倍のデジタルビューファインダーズームがついているので
遠くの目標点でもピンポイントに狙えます。

 

スマキョリ

本体単体でも十分に能力を発揮してくれるのですが、この距離計は「Measuring Master」という
無償で提供されているアプリとblue tooth を使ってスマホやタブレット端末へ測定結果を転送できます。

 

これによって、現場写真に測定結果を直接・自動的に転送・記録することができます。

報告書や見積書を作成するためのデータをカンタンに作成、その場で送信することも可能です。

 

またアプリを使用することにより、GLM150Cを遠隔操作できます。
三脚などに固定した距離計をスマホやタブレット端末をリモコンがわりに使って
触れずに操作できるので、ボタンを押した時のブレをゼロにする事が可能になりました。

 

 

作業に応じて選べる充実の測定モード

単に距離を測るだけではないのがこのレーザー距離計の特徴でもあります。
実はapple製品などにも使われているボッシュ社製のジャイロセンサー。

 

そのジャイロセンサーを搭載していますので、基本的な距離、面積、体積・容積の測定の他に、シングル・ダブル・間接の各ピタゴラス測定モード、傾斜測定、壁面積測定モード、等間隔測定モードなど、便利な測定モードを搭載しています。

 

詳しく説明しているメーカーの動画ありますのでよろしければご覧ください。

https://www.bosch.co.jp/pt/products/?id=GLM150C#descriptions

↑↑↑↑↑↑↑ボッシュの公式ページはこちら↑↑↑↑↑↑↑

 

【仕様】

光源:レーザーダイオード
波長:635nm
出力:1mW以下(クラス2)
測定範囲:距離測定:0.08~150m
ピタゴラスの傾斜測定:0~360°
傾斜測定:0~360°
距離測定:0.5mm
傾斜測定:0.1°
距離測定*1:±1.5mm/傾斜測定:±0.2°
測定に不利な環境下(強い太陽光の下や反射の弱い測定対象表面の場合など)では、±3.0mmの測定精度になることがあります。
使用温度範囲:-10℃~+45℃
保管温度範囲:-20℃~+70℃
電源:単3アルカリ乾電池x3本
自動電源オフ:約2分、約5分、約10分、なし(選択可能)
質量:210g(乾電池含む)
防塵・防水性能:IP54(電池収納部を除く)
本体サイズ:(H)142x(W)64x(D)28mm
標準付属品:ストラップ、キャリングバック、単3アルカリ乾電池x3本(テスト用)
三脚用ネジ穴:1/4インチ(6.35mm)

 

 

 

こんなに優秀で多機能なレーザー距離計、正直全部の機能を使い切る自身はありませんが、
機能満載の物が欲しくなるのは男の性でございます。

こんな遊びも面白そうですね〜
昼休みにも使えそうですね笑

 

店頭にも入荷してますので是非ご検討ください。
お店に来れない方は通販でどうぞ! ←クリックすると通販ページへ飛べます。

 

RELATEDPOSTS関連記事