ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

NEWS店舗ブログ新商品 2018.6.6

燕三条で見つけたヤスリメーカーの爪ヤスリ

POSTED BY 足立

LINEで送る
Pocket

今年の3月に新潟の燕三条のヤスリメーカーを訪問いたしました。

メーカーの名前は「柄沢ヤスリ」です。

メーカーホームページはこちらから:http://www.yasuri.net/

鉄工用のヤスリも非常にクォリティの高いメーカーですが、

最近ではヤスリメーカーが作る「爪やすり」が非常に注目されており、

メディアでも度々取り上げられています。

本日はその爪やすりをご紹介させていただきます。

 

柄沢ヤスリとは

昭和14年から創業と非常に歴史のあるヤスリメーカー。

ヤスリの切れ味を左右する目立て。

今では全自動機械で行うメーカーが増えているなかで、

職人が刃の角度や深さを全て調整しながら1山1山打ち付けて目立てを行っています。

その技術は世界中から注目されており、アメリカやスイスの世界的なメーカーからも一目おかれれる存在です。

IMG_2153

ヤスリメーカーが作る爪やすり

IMG_2712

この爪やすり。見た目の美しさも人気の秘密ですが、

一般的な爪やすりよりもすごいポイントが3つあります。

①材質が凄い

材質はハイカーボンステンレス鋼(SUS420J2)という金属が使用されています。

爪やすりの材質は大きく分けると「紙製」「金属製」「ガラス」の3種類が有名です。

特徴は以下の通り。

・紙:しなりがあって削りすぎを防ぐ

・金属:よく削れて耐久性も高い。だだしサビには注意。

・ガラス:目が細いため綺麗に仕上がる。硬度がも高いのでよく削れる。ただし衝撃に弱い。

ハイカーボンステンレスは、包丁にも使用される金属で、

鋭い切れ味を持っている上に、摩耗に強く、切れ味が長持ちする特徴があります。

さらにステンレスの一種であるためサビにも強いです。

まさに爪切りにとっては理想的な材質が使用されている爪切りです。

②形状が凄い

IMG_2713

写真をご覧いただくとヤスリ部分が曲線になっているのがお分かりになりますでしょうか。

他のヤスリメーカーがこの曲線を見るととにかくビックリされるそうです。

なぜ他のメーカーがビックリするのか?柄沢ヤスリの方に伺うと興奮の答えが。

「ヤスリを写真のように曲げるには、目立てをしたあとにプレス機などで強い力をかけて曲げるしかない。ただ、硬いヤスリを曲げるほどの強い力をかけるとヤスリの目が潰れてしまうため、普通の技術では曲げることはできない」

こうなると「ぜひ曲げているところを見せてください!」とお願いしてみましたが、

その技術は企業秘密のため同業者でない私にも見せていただくことはできませんでした。

ただ、それだけ高い技術や思いが込められた爪やすりであると感じとれました。

爪やすりは曲線を描くことでデザインもオシャレになりますし、爪の形状に合わせて削ることができます。

③職人が凄い

柄沢のヤスリは複数人の職人の方が目立てを行っているのですが、

爪やすりに関しては現在95歳になる熟練職人が専属で行い、全ての製品を手がけておられます。

製品の開発段階から この職人の方が女性の柔らかい爪でも優しい切れ味を実現できるよう日々試行錯誤した上で誕生した拘りのヤスリであるからこそ未だに誰にも任せずに作り続けられているそうです。

そのため大量生産ができず商品が安定して入荷してこないこともあるのですが、そこもまた良いと感じさせてくれる爪やすりです。

 

今回ご紹介させていただいた爪ヤスリは、

ファクトリーギアの一部の店舗で在庫しております。

(柏、東京、札幌、なんば、博多)

他の店舗でもお取り寄せできますので、

気になる方が最寄りの店舗へお問い合わせください。

 

品番:KS-NO.4

販売価格:1,800円(税抜)

 

--------------------------
この記事を書いたスタッフ

new_足立プロフィール

 

足立

所属:コンセプトスタジオ東京

経歴:2012年ファクトリーギア入社。入社後物流センターに配属になりひたすら出荷の毎日。
その後博多店に勤務となり通りもんをひたすら配り続け、柏店を経て現在コンセプトスタジオ東京で勤務。
バイヤー活動も少々。新しい工具をどんどん発信します!

好きな工具:ネプロスのラチェットアダプターのギアのフィーリングとスタビレーのレンチの肌触り。

--------------------------

 

 

RELATEDPOSTS関連記事