ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

BRAND(メーカー) 2017.10.12

人気のスタビドライバーを比べてみました!

POSTED BY ヒガシ

LINEで送る
Pocket

今朝の通勤時、今季初の白い息が出て震えながら通勤したヒガシです。

去年の初雪は10月20日だったみたいなので、そろそろタイヤ交換もしないとですよね。

峠は既に積雪が観測されたそうなので、今月末に峠越えを予定している身としては

早いうちにやってしまわねばと思っています!

皆さんも準備はお早めに(^^)

 

今日は数あるドライバーの中から、スタビドライバーを取り上げてみたいと思います。

中でも、ドライバーメーカーとして誰もが一度は耳にしたことがある、PB SWISS TOOLS

先端の精度はもちろん、グリップにも拘りを持って作られており、同じサイズのドライバーでも

グリップ違いで数多くのドライバーがラインアップされているほど。

詳しくは、こちらのブランドヒストリーをご覧ください。

PB SWISSTOOLS(ピービー スイスツール)

札幌店の中でも、PBのスタビドライバーが4種類ありますので

違いを比べてみたいと思います。

1.スイスグリップスタビドライバー

FullSizeRender1

PBの中でも代表的なグリップ

スイスグリップ

柔らかい表面材質を採用しており、手の力を効率よく回転トルクへ変換せて、ねじに伝えることができます。

手の平にとてもなじみやすいので、手が濡れていても滑らずにしっかりと握ることができます。

溶剤やオイルに対して耐性があり、グリップエンドには、パッと見てサイズが書いてあるのも特徴。

FullSizeRender2

2.クラシックスタビドライバー

FullSizeRender3

人間工学に基づいたハンドルデザイン

クラシック

スイスグリップと比べるとグリップが硬く、オーソドックスなハンドルデザイン。

高品質な透明の樹脂ハンドルは、耐衝撃性にも優れ、オイルやガソリンに対しての耐性があります。

3.スタビインサイダー

FullSizeRender4

ボディーにビットを収納することができる

インサイダー

通常は、番手の合ったドライバーでねじを回していきますが

そうすると、どうしても本数が多くなり、かさばってしまいますよね。。

ビットが本体に収納できることで、1本のドライバーで色々なねじに対応することができるようになっているのが特徴。

FullSizeRender6

開いたグリップエンド部は、クルクルと回転させることができるので

必要なビットを簡単に見つけることができます!

FullSizeRender5

4.スタビインサイダーラチェットver

FullSizeRender7

上記のインサイダーに、ラチェットが付いた最新モデル!

24枚ギアの柔らかいフィーリングが特徴の、同社のラチェットドライバーの機能が

スタビインサイダーと見事にドッキングした画期的なモデル。

FullSizeRender9

左右の切替はもちろん、ラチェット機能をOFFにすることでもできます。

FullSizeRender8

スタビタイプの中にも、グリップの違いや用途に合わせて選べるようになっているので

お好みのスタビドライバーをぜひ見つけてみてください♪

FullSizeRender10

Basic RGB

ファクトリーギアの通販サイトが、大幅にボリュームアップしてリニューアルしました!

今までは2,000アイテムでしたが、新サイトでは300,000アイテムに!!

大幅にボリュームアップした新サイト、要チェックです(^^)

LINEやっています!

友達募集中!ぜひ友達追加してください♪

札幌店限定の超お得なポイントカードが自動で付いてきます。

友だち追加数

決算大バーゲン!チラシをお送りいたします!

下記フォームをメールの本文にコピー&ペーストして
必要事項を入力して下さい。

【1】郵便番号:
【2】住所:
【3】建物名(マンションやアパートの場合は部屋番号も必ずご記入下さい)
【4】名前(会社の場合は社名とチラシ請求される方のお名前をご記入下さい)
【5】年齢:
【6】電話番号:
【7】お仕事で工具は: 使う 使わない(あてはまる方を残して下さい)
【8】ご職業:

sapporo@f-gear.co.jpへメールをお願い致します。
メールの件名を「決算大バーゲン!チラシ請求」にして送信して下さい。

RELATEDPOSTS関連記事