ページトップ

ファクトリーギア

BLOG今旬な工具の話題をお届けします

店舗ブログ 2017.1.8

珍しい工具の数々

POSTED BY 足立

LINEで送る
Pocket

博多店では12月の中旬よりTONEから非常に面白い工具を多数お借りして店頭で展示販売しております。

その中でも私、博多店スタッフの足立的に面白工具をピックアップしてご紹介させていただきます。

普段はなかなか実物を見たり触ったりする機会が少ない工具ですので是非チェックしてみてください。

 

チタンとステンレス

image1

世界各国に工具メーカーは無数にあれど、チタンやステンレスをラインナップしているメーカーは数えるほどしかありません。

実はTONEは工具メーカーの中でも多くラインナップしている非常に珍しいメーカーです。

普段は高級過ぎてなかなか在庫できなかったのですが、今回なんとお借りできました!

image2 image3

(左)チタンコンビネーションレンチ (右)ステンレスコンビネーションレンチ

チタンの特徴はなんといってもその軽さ。

見た目は一緒でも通常のレンチの半分ほどの軽さは手にしたお客様のほとんどが驚かれます。

ステンレスはチタンと比べると驚くほど何かが違う訳ではありませんが、

見た目のカッコ良さとステンレスという響きは男心をくすぐる事間違いなしのレンチです。

チタンは1本あたり8,000~17,000円とかなり高額。

ステンレスはスナップオンと同じくらいの価格帯で購入していただけます。

 

調節は握るだけ

image5

TONEのウォーターポンププライヤーもかなり便利な機能付き。

通常ボタンを押して口の開きを調節する必要がありますが、TONEはただ握りこむだけ。

百聞は一見にしかずという事で是非動画をチェックしてみてください。

 

 

口の開きが多きときはグリップの開きが大きくなりますので、

通常よりも力をかけにくい部分はありますが、適度の大きさのものなら誰でも簡単作業間違いなしです。

 

見やすいトルクレンチ

 

image10

世界中の工具メーカーから発売されているトルクレンチ。

TONEのトルクレンチと言われても中々ピンと来ない方も多いのではと思います。

私自身も東日やKTCと比べると地味な印象で今まであまり気にすることがありませんでした。

ただ、TONEのトルクレンチには他のメーカーよりも優れた点があります。

 

image12 image13

それはなんといっても「数値の見やすさ」。

各メーカー、トルクレンチに対して色んなこだわりがありますが意外と数値の見易さにこだわったものは多くありません。

ですが、お店で接客していますと、特にご年配の方々からトルクレンチは数値が見辛くて設定が面倒というご意見をよくいただきます。

かなり地味な特徴ではありますが、困っておられる方にはTONEのトルクレンチは非常におすすめ。

image14

ギアが工研並みに軽いのも作業性が良さそうでした。

 

これらの商品は通常在庫品ではありませんが、

ファクトリーギア各店に問い合わせいただければいつでもお取り寄せさせていただきます。

RELATEDPOSTS関連記事